MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オニカサゴの宝庫、布良瀬へ…絶品鍋ネタオニカサゴ仕掛け

オニカサゴの宝庫、布良瀬へ…絶品鍋ネタオニカサゴ仕掛け

布良沖は南房を代表する中深場ポイント、布良瀬。海図をみれば、一目瞭然。起伏どころか海溝もあり、根魚が潜むには好都合の海域なのだ。そんな布良瀬をホームグラウンドにしているのが、布良港「仁平丸」だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

オニカサゴ仕掛け。エサはサバエサが基本! アピールするなら大きめのエサで

「仁平丸」では、サケ皮、サバとサンマの切り身が付けエサとして用意されているが、独自にアピール力を高めたいのであればエサは持参しよう。

エサは、サバの切り身が基本。ソウダガツオ、イイダコ、アナゴはエサ持ちがよく、大きめものもが高アピールする。

また、タコベイトなどのアピールアイテムも効果的だ。3本バリ仕掛けのハリに、たとえば、グリーン、ピンク、オレンジなどのタコベイトを付けてその日のアタリカラーを探しだすのもよいだろう。

南房・布良沖 オニカサゴ釣行レポート

夜明けの布良沖。潮の流れがよければ、朝の第1投から本命が顔を出す

少し硬めのロッドが誘い動作を行いやすい

ポイントは広範囲なので、マメな誘いを行えば、必ず本命がヒットする布良沖

小型やハリ掛かりのよいオニカサゴは抜き上げオーケー。ハリ外しのときにくれぐれも毒のあるトゲには気をつけよう

良型オニカサゴに大満足!

攻めの釣りでゲットした!

潮の流れがよいとこのサイズが数釣りできる布良沖。午前と午後便で出船可能だ

カンコは常連ゲスト!

エサの基本はサバの切り身。サケ皮も有効だ。さまざまなエサを持参して試してみよう

オニカサゴの鍋はまず、しゃぶしゃぶから。その後、旬の野菜がたっぷりと入った具沢山の鍋を味わおう。ダシ汁の中にたっぷりの具を入れて火が通れば、オニ鍋の出来上がり。

絶品鍋を堪能しよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良「仁平丸」。

冬の救世主的なターゲットであるオニカサゴ。周年釣れる魚だが、やはり冬の今が食べておいしい。

オニカサゴは刺し身はもちろん、煮付けもよいが、一番オススメはなんといっても『オニしゃぶ』。皮付きの身をグツグツに煮立ったダシ汁にのの字を描きながらつけ、紅葉おろしが入ったポン酢と一緒に口の中へ。ホクホクの身からジワーっと染み出る旨み、独特の食感、かめばかむほど酸味と甘みがコラボして病み付きになる味になる……。くせのない白身なので飽きずに頬張れるのもよい。子供から大人まで誰もが舌鼓を打つこと間違いなしだ。

そんな絶品鍋を食べるには、魚市場にもほとんど出回らないこの魚を自分で釣るしかない。
オニカサゴの釣り場として一押しは、南房である。

「今期もまずまずの釣れっぷりです。とにかく、オニカサゴは根魚だからマメな底ダチ取りがカギ。エサのアピール方法を工夫して、攻めの釣りをしてください!」とは、布良港「仁平丸」の満田義明船長。

オニカサゴの巣といわれている港前の布良瀬をホームグラウンドにしている「仁平丸」。絶品オニカサゴの鍋ネタ調達にはもってこいだ。

南房のオニカサゴ釣り。マメな底ダチとりの誘いで確実調達しよう

基本的な釣り方は、オモリを底から50㎝上げて待つつもりでマメに底ダチを取るだけ。

アタリが出たら、ゆっくりと聞き上げて根掛かりのようにグっと重くなったら、そのまま電動リールのスイッチオン。いわゆる巻きアワセがベターだ。

重みを感じながらのやり取り中の巻き上げ速度は、中速度以下。途中、「グングングン」と竿を叩くような引きが何度も訪れたら、オニカサゴである確率が高い。

以上の記事は「つり丸」2016年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル