MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
厳寒期の大原沖はマダイ狙いの好機! イワシ回遊で大型も期待

厳寒期の大原沖はマダイ狙いの好機! イワシ回遊で大型も期待

「今後は水深40〜60mの場所か、イワシが来ればイワシに付いたマダイ狙い。水深のある場所は比較的型のいいマダイがアタりますし、イワシの反応に付いたマダイは大型が多い」と「LT広布号」の野島船長は話す。

perm_media 《画像ギャラリー》厳寒期の大原沖はマダイ狙いの好機! イワシ回遊で大型も期待の画像をチェック! navigate_next

イワシに付いたマダイを狙う時はエビの代わりにワームを使用すると◎

この時期は水深40〜60mの水深のある場所をメインに狙う。イワシの群れがやってくれば、その反応に付いた大型を狙う!

日が西に傾いた頃がチャンス。いきなりバタバタとアタり出すこともある!

まずまずのサイズが浮いた!

夕マヅメにノリーズの吉田裕樹さんはキロ級を手にした。エコギア「オーバルテンヤ」のマットピンク+エビエサの組み合わせでアタった

カンカンと竿が叩かれるような引きはマダイの可能性大!

しっかりとタモで捕獲しよう

夕日に照らされたマダイは美しい!

エコギアの関口さんにも夕マヅメにアタった!

1.5㎏クラスのマハタ

大型マハタ嬉しいな!

当日はハタが多数まじった

これは珍しいカワハギがまじった!

大ダイ狙いに有効なエコギアアクア「スイムシュリンプ」+エコギア「オーバルテンヤ」の組み合わせ

エコギアアクア「スイムシュリンプ」のラインナップも充実。左の3つはエコギアアクア「スイムシュリンプ4.5インチ」

エコギア「オーバルテンヤ」も用途によって使い分けよう。右からLフックのタングステンモデル、Lフックモデル、Mフックモデル

「LT広布号」で使用しているエビエサ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「LT広布号」。

大原沖のテンヤマダイは、これからの厳寒期は大型狙いの好機だ。

取材は12月末。このときイワシの群れはまだ接岸していなかったので、水深40〜60mの根周りを狙った。潮が澄み、また潮が速く苦戦したが、キロ前後のマダイが竿を絞った。また、マハタが数まじってお土産となった。

気になるイワシの群れだが、12月末の時点では、沖のほうにいるという。潮況が変われば接岸すると思われるので、今後が楽しみだ。イワシに付いたマダイを狙うときは、エビの代わりにワームを使用するのが有効で実績が高い。

以上の記事は「つり丸」2016年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル