MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アタリ&引き込みは強烈! 食味も最高なマハタ五目(信照丸)

アタリ&引き込みは強烈! 食味も最高なマハタ五目(信照丸)

水温の低下とともにベイト反応も増えて1~2㎏級中心に数が出ている。生きイワシを使うところはヒラメ釣りと似ていてタックルもヒラメ用が流用可能。起伏の激しい根周りを底から3m以上の高めのタナで狙うのが特徴。

「信照丸」では貸し竿や仕掛けも常備してあり、サポートも充実!

勝浦沖のマハタ五目。マハタ中心にアカハタなどの根魚やヒラメ、青物なども食ってくる

本命マハタは1~2㎏級主体に3㎏オーバーもまじる。5~10㎏の超大型も食ってくることがあるので油断大敵

こちらは10月31日に上がった3.8㎏(写真提供信照丸)

アカハタもけっこうまじる

食べておいしい高級魚だ

アカヤガラも常連ゲスト。ユニークなルックスだが味はバツグン

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

船は根回りのベイト反応を見ながら、マハタが着いてそうな場所を流す。いい場所に入ると同時に何本もの竿が曲がり、本命マハタが顔を出した。

アタリは明確、食い込みも早い。強烈なアタリが突然やってくるので、竿を伸されないように気をつけよう。根に潜りこむ魚なので、ドラグは締めて竿の弾力を活用して引きをいなすのが、大型を取り込むコツになる。

マハタの他にも、アカハタ、キジハタやヒラメ、アカヤガラ、潮によってはヒラマサ、カンパチなどの青物などがまじるのもこの釣りの楽しさだ。

「信照丸」では、根を知り尽くしたベテランの吉野勉船長と達哉若船長の二人で高級魚マハタを狙う。

貸し竿や仕掛けも常備してあり、エサの付け方やタナの取り方などもサポートしてくれるので、この釣り未経験の人でも気軽にチャレンジしてみよう。

また、スロージギングでのマハタ狙いも受け付けているので、ルアーで狙いたい人は問い合わせを。

以上の記事は「つり丸」2019年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読