MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アタリ&引き込みは強烈! 食味も最高なマハタ五目(信照丸)

アタリ&引き込みは強烈! 食味も最高なマハタ五目(信照丸)

水温の低下とともにベイト反応も増えて1~2㎏級中心に数が出ている。生きイワシを使うところはヒラメ釣りと似ていてタックルもヒラメ用が流用可能。起伏の激しい根周りを底から3m以上の高めのタナで狙うのが特徴。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「信照丸」では貸し竿や仕掛けも常備してあり、サポートも充実!

勝浦沖のマハタ五目。マハタ中心にアカハタなどの根魚やヒラメ、青物なども食ってくる

本命マハタは1~2㎏級主体に3㎏オーバーもまじる。5~10㎏の超大型も食ってくることがあるので油断大敵

こちらは10月31日に上がった3.8㎏(写真提供信照丸)

アカハタもけっこうまじる

食べておいしい高級魚だ

アカヤガラも常連ゲスト。ユニークなルックスだが味はバツグン

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

船は根回りのベイト反応を見ながら、マハタが着いてそうな場所を流す。いい場所に入ると同時に何本もの竿が曲がり、本命マハタが顔を出した。

アタリは明確、食い込みも早い。強烈なアタリが突然やってくるので、竿を伸されないように気をつけよう。根に潜りこむ魚なので、ドラグは締めて竿の弾力を活用して引きをいなすのが、大型を取り込むコツになる。

マハタの他にも、アカハタ、キジハタやヒラメ、アカヤガラ、潮によってはヒラマサ、カンパチなどの青物などがまじるのもこの釣りの楽しさだ。

「信照丸」では、根を知り尽くしたベテランの吉野勉船長と達哉若船長の二人で高級魚マハタを狙う。

貸し竿や仕掛けも常備してあり、エサの付け方やタナの取り方などもサポートしてくれるので、この釣り未経験の人でも気軽にチャレンジしてみよう。

また、スロージギングでのマハタ狙いも受け付けているので、ルアーで狙いたい人は問い合わせを。

以上の記事は「つり丸」2019年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル