MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今季は遅れ気味…チャンスはこれから! ヒラマサ&ワラサ(征海丸)

今季は遅れ気味…チャンスはこれから! ヒラマサ&ワラサ(征海丸)

未だ水温が高く、ワラサやイナダをメインターゲットとした青物ジギングの本格化が大幅に遅れている波崎沖・大根エリア。本来であれば11月頃といえばすでに絶好調なのだが、今期はポツリ、ポツリ…。

波崎沖のジギングタックル。タックルは一般的な青物ジギング用でOK

波崎沖の青物ジギングで使用するタックルは、ロッドは長さ6ft前後、ロッドはジグマックスが150g程度の青物ジギング用スピニングモデル。つまり、一般的な青物ジギングタックルでOKだ。

リールは中型スピニングで、ラインはそれにPE3号を200m以上巻いておこう。ポイントの水深は30m前後から深い場所では80m以上を攻めることもあるので、150gを中心に、100g程度の軽めのものから、200gまであるとよい。

ジグの形状については、センターバランスのセミロングに実績が高いが、取材当日にヒットしたヒラマサ2本はどちらもショート系だった。ぜひ様々形状のものを持参しておこう。

タックルとしては、青物用スピニングタックルの他に、ベイトのスローピッチジャークジギング用もあれば、より狙えるターゲットの幅は広がる。

スローピッチジャークジギングといってもヒットするのは根魚系だけではなく、ワラサやイナダ、ヒラマサといった青物をはじめ、サワラなどの回遊魚、さらにはヒラメなどもヒットする可能性がある。

茨城・波崎沖 青物ジギング釣行レポート

当日は大根を中心に広範囲を攻めた

青物のファイトはスピード感がある。ネットに入るまで気が抜けない

根周りで朝イチにヒットしたヒラマサ。ショート系のグローカラーだった。初ヒラマサとのこと。おめでとうございます!

高水温の影響か回遊が遅れているワラサだが、ベイト反応を攻めるとポツポツながらヒット。今後に期待!

12月以降のメインターゲットはワラサだ

貴重な一本を釣り上げた

イナダやワラサは大きな群れが入れば初心者も釣りやすいターゲット

今後のワラサジギング本格化に期待

ルアー入門にも最適だ

スピニングのジギングタックルがあれば楽しめる。スローピッチジャーク用も用意できればなおよい

常磐沖で実績の高いジグ。ポイントの水深は30〜40mから80m程度なので、ジグは120〜150gが扱いやすい

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

本格化が大幅に遅れている波崎沖・大根エリア。

水温が高い影響か、南方系のハガツオが元気だった。

11月末に波崎港「征海丸」へと向かってみると、取材日はどういうわけかハガツオがまったくヒットしない…。

「中層を広範囲に泳ぎ回る回遊魚なので、神出鬼没です。回って来るまで転々とポイントを探ってみましょう」

須之内哲也船長はそう言うと、最新鋭の魚探やソナーを駆使して魚群を探す。すると、早速ヒラマサやワラサ、そしてイナダがヒット!

「北のポイントではワラサが好調との情報がありますので、水温さえ下がれば期待できると思います。逆に、ヒラマサは水温がある影響で、年明けでもチャンスがありそうです。そういった意味では、しばらくはワラサとヒラマサの両方が狙える可能性が高いので、これから大根の青物ジギングは面白いシーズンを迎えるのではないでしょうか」と、須之内船長は言う。

ワラサが本格化するのも時間の問題。タックルやノットの準備を万端に、そして防寒対策もバッチリして出掛けよう!

ジギングゲーム開始の合図が出たらまずは真下に落としてみる!

「征海丸」の釣り方のコツを紹介しよう。

須之内船長は、魚探やソナー、GPSプロッターといった最新鋭機器を駆使し、さらには海面に出来ている潮目やトリヤマなども見て船をポイントに着け、釣り開始の合図を出す。

つまり、「征海丸」の場合は、外房のように根を大きく流していくスタイルというよりは、ピンポイントで狙っていくことが多い、ということである。それは、ベイト反応であったり、ワラサやイナダの魚群であったり、根であったり、漁礁である場合もあるだろう。

そこで重要となるのは、投入の合図が出たら、いきなりジグをキャストして攻めない、ということである。

前述のように、外房の場合は根を大きく流すことが多い。この場合は、ジグをアンダーハンドでキャストして、広範囲を探ったほうがターゲットと出会える確率が高いからだ。

だが、「征海丸」のようにピンポイントで狙う場合は、船を止めて合図が出た場所が最良のポイントである場合が多い。つまり、外房のようにジグはキャストせず、まずは真下に落とすことがよい結果に結びつくことが多いというわけだ。

真下でしばらく探ってもヒットがない場合は、すでに船も潮や風で流されているので、今度はジグをキャストして広範囲に探ってみるとよいだろう。

ただ、潮目やトリヤマ付近を攻める場合はそうではない。このときは、まずはジグをキャストして広範囲に探ってみたほうがよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2019年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。
更新: 2019-06-14 07:00:00
南伊豆出船で狙う、御蔵島のジギング&キャスティングゲームが好調。大型のヒラマサ、キハダが御蔵島に回遊中だ。釣法はジギング、キャスティングともに有効だ。状況によって、両タックルを準備しておくと安心だ!
更新: 2019-06-09 07:00:00
外房の青物ルアーゲームが絶好調!メインターゲットはヒラマサとワラサ。この時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつだ。夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンス!!
更新: 2019-06-04 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-30 16:18:32
最新記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読