MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食欲の秋にピッタリ! 太海沖のムツ&スルメリレー【太海沖】

食欲の秋にピッタリ! 太海沖のムツ&スルメリレー【太海沖】

南房太海の「聡丸」はフラッシャーサビキのリレー釣りが看板だ。前半のフラッシャーサビキでは、ほぼ周年ムツをメインターゲットにし、後半は季節に合わせマルイカやオニカサゴなどを狙うが、夏場からはスルメイカが好機。このところムツ、スルメイカ共にトップ20匹以上の日も多いと聞けば、食い意地の張った釣り師としては見逃せない。

ムツもスルメもこれから。特にムツは台風とかでウネリが入って、底がかき混ぜられると、群れが固まって大釣り出来るぞ

ムツの多点掛けにメダイのオマケも。ウレシイ!

良型スルメの多点掛けで釣り味ズッシリ。

集合は3時。かなり早いが、10時過ぎには帰港でき、暑さと帰路の渋滞が避けられる。

美味しそうなヤツが捕まってくれた。

アジ、サバ、メダイなどもまじり、おいしいお土産がタップリ。やった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・太海港「聡丸」。

南房太海沖のリレー釣りが好調だ。太海港の「聡丸」では前半フラッシャーサビキでムツを狙い、後半はスルメイカを狙うスタイルで、ムツ、スルメイカ共にトップ20匹前後の釣果が上がっている。ムツ狙いでは他にアジ、サバ、メダイなどのゲストもまじる。どれも調理法の多いおいしい魚たちで、「聡丸」のHPには数多くのレシピが紹介されているから、これを参考にすれば豪華な夕餉となること請け合い。グルメ釣り師から人気の所以だ。
集合は3時と早いが、そのため10時過ぎには帰港でき、夏の釣りでネックとなる暑さと帰路の渋滞が避けられるのも嬉しい。
「太海沖ではムツもスルメもこれからですよ。特にムツは台風とかでウネリが入って底がかき混ぜられると、群れが固まって大釣り出来ます」と松下聡船長。これから食欲の秋に向かってピッタリの釣りと言えそうだ。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
駿河湾 清水「大宝丸」の夜タチが港内で爆釣中!釣り方はスーパーライトジギング!エサ釣り同船もあり。長橋船長は今回、このポイントで2.8㎏のドラゴンを上げた!記録魚も狙える湾内ナイトゲームを満喫しよう。
平塚港「庄三郎丸」では、周年ライトウイリー五目で出船。現在はイナダが好調なため、ライトイナダ五目船としてイナダをメインに狙っている。丸々太ったイナダのほか1.5〜2㎏のカンパチも!バケ仕掛けが有利だ!
最新記事
魁明丸(新潟西港)の釣果情報を掲載
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読