MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食欲の秋にピッタリ! 太海沖のムツ&スルメリレー【太海沖】

食欲の秋にピッタリ! 太海沖のムツ&スルメリレー【太海沖】

南房太海の「聡丸」はフラッシャーサビキのリレー釣りが看板だ。前半のフラッシャーサビキでは、ほぼ周年ムツをメインターゲットにし、後半は季節に合わせマルイカやオニカサゴなどを狙うが、夏場からはスルメイカが好機。このところムツ、スルメイカ共にトップ20匹以上の日も多いと聞けば、食い意地の張った釣り師としては見逃せない。

ムツもスルメもこれから。特にムツは台風とかでウネリが入って、底がかき混ぜられると、群れが固まって大釣り出来るぞ

ムツの多点掛けにメダイのオマケも。ウレシイ!

良型スルメの多点掛けで釣り味ズッシリ。

集合は3時。かなり早いが、10時過ぎには帰港でき、暑さと帰路の渋滞が避けられる。

美味しそうなヤツが捕まってくれた。

アジ、サバ、メダイなどもまじり、おいしいお土産がタップリ。やった!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・太海港「聡丸」。

南房太海沖のリレー釣りが好調だ。太海港の「聡丸」では前半フラッシャーサビキでムツを狙い、後半はスルメイカを狙うスタイルで、ムツ、スルメイカ共にトップ20匹前後の釣果が上がっている。ムツ狙いでは他にアジ、サバ、メダイなどのゲストもまじる。どれも調理法の多いおいしい魚たちで、「聡丸」のHPには数多くのレシピが紹介されているから、これを参考にすれば豪華な夕餉となること請け合い。グルメ釣り師から人気の所以だ。
集合は3時と早いが、そのため10時過ぎには帰港でき、夏の釣りでネックとなる暑さと帰路の渋滞が避けられるのも嬉しい。
「太海沖ではムツもスルメもこれからですよ。特にムツは台風とかでウネリが入って底がかき混ぜられると、群れが固まって大釣り出来ます」と松下聡船長。これから食欲の秋に向かってピッタリの釣りと言えそうだ。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。
秋田県男鹿半島~山形県飛島沖のウスメバル釣り。釣り上げると脂肪の塊を吐き出すほどに、脂が乗った秋田のオキメバル。絶品です!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目が激アツ!エサ釣りが案外楽しくつい夢中に!本編は白身系高級魚五目!一釣行で三度もオイシイぞ!!
駿河湾・清水沖で激うまレア魚がよりどりみどり!贅沢五目釣りが絶好調!大アラを想定してハリスは12号以上で狙う!
まるで秋のような状況!?日立久慈港「直重丸」ではアタリ多くゲスト多彩!食べ頃サイズから大型もヒット!テンヤマダイを楽しむなら日立沖がおもしろい!!
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読