MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハモノ狙いの泳がせも楽しめる!絶好調の相模湾アジ&マダイ五目

ハモノ狙いの泳がせも楽しめる!絶好調の相模湾アジ&マダイ五目

新春のスタートダッシュを決めたいアングラーに超オススメ!良型のマアジと大ダイをメインにクロムツ、オニカサゴ、メダイ、ヒラメなど小坪港「洋征丸」のアジ&マダイ五目が水温の低下と共に釣果を伸ばしている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

美味しい根モノまでを仕留めて、新春の釣りを大満喫しよう!

ロンリー侍Dr.近藤惣一郎先生が「アタリがあったら軽く聞き上げ、次の引きをチェック。小気味良いならアジ。グググッと押さえこんだらマダイと判断して慎重にファイトしよう」とアドバイスをくれた

嬉しい本命マダイだ!

「ミンチマダイはコマセマダイと違って、仕掛けのストロークがないので、ドラグや腕、身体全体を使ってファイトしないとなかなか大ダイを獲れませんが、あのエキサイティングな引きを味わうと病み付きになりますよ」と常連サン

仲良くスリーショット!

こちらも笑顔で記念撮影だ!

ダブルも釣れる!

状況次第だが、予約時に泳がせ釣りをしたいと話せば考慮してくれる「洋征丸」。今期は青物の回遊が続いていて「まだ楽しめそう」と船長。取材日には8㎏オーバーのブリを侍Dr.が仕留め、その他4本が取り込まれた

サイズ&型問題なし!

嬉しい一本を釣り上げた

潮色が暗い時には、クロムツが狙えるポイントへ移動してアジ&マダイ釣りをを行う

この時期のアジのタナは底から5mと高目でマダイはその下を攻める

これはマトウダイ

体腔のある寒サバも釣れた

マダイを視野に入れるなら柔らかめのビシ竿とPE6号300mを巻いた中型電動リールのコンビで挑もう

130号のプラビシに中型片テンビン、1.5㎜×30〜50㎝のクッションゴムで全ての釣りを行う。なおアジは、幹糸1.7〜2号の市販のアジ仕掛けでOKだ

アジはもちろん大型マダイも狙える夢のオリジナル仕掛けがコレ!!

ジョイント部が編み込みの輪になっている3.5号のリーダー(2本、3本バリ仕様あり)と3号ハリスの先針、2号の枝針からこの仕掛けは成っている

枝バリには赤タン、先バリには1㎝角に切ったサバを付ける。ちなみに取材日翌日にはこれで4.3㎏の大ダイが仕留められた

至れり着くせりの「洋征丸」。乗船前に氷や仕掛け1組、エサの赤タン、タオルなどを釣り座に準備して迎えてくれる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「洋征丸」。

「まだアジの群れはまばらで、バリ食いまで行きませんが、反応に当てれば首尾良く一荷やトリプルで掛かるし、今期は1㎏前後のマダイが多く、時合いを迎えるとこちらもコンスタントに食ってきて、ビギナーでも獲れる確率が上がっています。例年、水温が下がりきるまでに大ダイのラッシュもあるので、ぜひ遊びに来て下さい」と高木洋征船長もこれからさらに状況が良くなることをアピールした。

ちなみにポイントは城ケ島沖の水深100m前後。アジが群れをなす根周りや漁礁を攻めつつ、居着きの大ダイをそのミンチコマセで誘い、さらに周辺に居る根モノまでを状況で狙っている。

「アジのみを狙うなら、市販のアジ仕掛けで良いですが、大ダイや根モノまで視野に入れるなら、それなりの工夫を施したウチの仕掛けを推奨しますよ」と船長が言うように、取材日も船宿仕掛けがスパーク! 良型のマダイが次々と上がった。

お土産確実のアジ&チャンス到来の大ダイ。そして美味しい根モノまでを仕留めて、新春の釣りを満喫しよう!

以上の記事は「つり丸」2016年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル