MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾も夏場はタチウオの好漁場なのだ【駿河湾・富士川河口沖】

駿河湾も夏場はタチウオの好漁場なのだ【駿河湾・富士川河口沖】

東京湾と同じく駿河湾でもタチウオ釣りは盛んだ。西伊豆・戸田〜土肥沖から御前崎沖まで広範囲で狙われている。なかでも田子の浦〜由比にかけてのエリアではシーズンが長い。お楽しみはこれからだっ!

perm_media 《画像ギャラリー》駿河湾も夏場はタチウオの好漁場なのだ【駿河湾・富士川河口沖】の画像をチェック! navigate_next

富士川河口沖絶好調! 「博友丸」では7月中旬に104本を記録!!!

ギングで上がった1.2㎏のドラゴン級・大型タチウオ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・田子の浦「博友丸」。

駿河湾の中でも富士川河口沖は6月ぐらいから好調が続いており、田子の浦「博友丸」では7月中旬に104本を記録した。
富士川河口沖周辺のタチウオの釣期は、これからロングラン。サクラエビ漁が盛んになる春の一時期を除いて、ほぼ周年狙えるという。これからは夜釣りも盛んになり、さらにおもしろくなる。

ルアーとエサ釣りで昼も夜も狙える! 誘いパターンを探れ!!

「博友丸」の望月友博船長は語る。
「今は午前船メインに出船していますが、8月に入れば夜も狙っていく予定です。昼夜ともに、エサとルアーで狙えますが、日中はルアー、夜はエサ釣りに分がありますね。それでもパターンをつかめば、日中でもエサ釣りで数を伸ばす人もいます。とにかく、どちらの釣り方でも、食わせるパターンを見つけることが大事ですね」。

序盤はルアー組が飛ばすも、エサ釣り組も負けじと追い上げる!

メインポイントは富士川河口沖。当日のポイントの水深は20〜50mだった。

この日は絶好調!  ダブルヒットもしばしば。

取材当日は、朝イチからルアー組は絶好調。1.2㎏、1㎏というドラゴン級の大型をまじえながら順調にアタる。そんななか、エサ釣り組は、途中、ウイリーシャクリの要領で誘うと連続ヒット。パターンをつかむと最後まで入れ食いが続き、船長の話しどおりの展開となった。
これからロングランで楽しめる富士川河口沖のタチウオ。ルアーとエサの両方で存分に楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
飯岡沖のテンヤマダイが釣果上昇中!中、大ダイがまじりサイズも期待できる展開に!取材日の飯岡港「幸丸」でもコンスタントにマダイがヒット!今がまさに釣りどきだ!
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル