MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾も夏場はタチウオの好漁場なのだ【駿河湾・富士川河口沖】

駿河湾も夏場はタチウオの好漁場なのだ【駿河湾・富士川河口沖】

東京湾と同じく駿河湾でもタチウオ釣りは盛んだ。西伊豆・戸田〜土肥沖から御前崎沖まで広範囲で狙われている。なかでも田子の浦〜由比にかけてのエリアではシーズンが長い。お楽しみはこれからだっ!

富士川河口沖絶好調! 「博友丸」では7月中旬に104本を記録!!!

ギングで上がった1.2㎏のドラゴン級・大型タチウオ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・田子の浦「博友丸」。

駿河湾の中でも富士川河口沖は6月ぐらいから好調が続いており、田子の浦「博友丸」では7月中旬に104本を記録した。
富士川河口沖周辺のタチウオの釣期は、これからロングラン。サクラエビ漁が盛んになる春の一時期を除いて、ほぼ周年狙えるという。これからは夜釣りも盛んになり、さらにおもしろくなる。

ルアーとエサ釣りで昼も夜も狙える! 誘いパターンを探れ!!

「博友丸」の望月友博船長は語る。
「今は午前船メインに出船していますが、8月に入れば夜も狙っていく予定です。昼夜ともに、エサとルアーで狙えますが、日中はルアー、夜はエサ釣りに分がありますね。それでもパターンをつかめば、日中でもエサ釣りで数を伸ばす人もいます。とにかく、どちらの釣り方でも、食わせるパターンを見つけることが大事ですね」。

序盤はルアー組が飛ばすも、エサ釣り組も負けじと追い上げる!

メインポイントは富士川河口沖。当日のポイントの水深は20〜50mだった。

この日は絶好調!  ダブルヒットもしばしば。

取材当日は、朝イチからルアー組は絶好調。1.2㎏、1㎏というドラゴン級の大型をまじえながら順調にアタる。そんななか、エサ釣り組は、途中、ウイリーシャクリの要領で誘うと連続ヒット。パターンをつかむと最後まで入れ食いが続き、船長の話しどおりの展開となった。
これからロングランで楽しめる富士川河口沖のタチウオ。ルアーとエサの両方で存分に楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読