MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

四季を通じてさまざまな魚が釣れる大原沖。周年狙えるマダイを始め、秋から冬にかけてのヒラメ、ショウサイフグ、春から初夏にかけてのヤリイカ、イサキと人気の釣りものがそろう。その中で、ややマイナーな感もあるが、見逃せない釣りものがオニカサゴだ。

釣って良し、食べて良しの高級魚・オニカサゴ。 周年狙えるが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だ

大原沖にはオニカサゴのポイントが広範囲に散らばっている。

良型ゲット。でも、大原沖では、これでも小さい!?大原沖は大型オニカサゴの好ポイント。狙いは2㎏オーバーだ。

こちらも良型。おいしいオニ料理が楽しめそう。

さまざまな料理でおいしく食べられるオニカサゴ。汗をかきながら夏の鍋もいい。

まじりでメダイやノドグロカサゴ、オキメバルなども上がった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松栄丸」。

大型オニカサゴポイントとして知る人ぞ知るのが大原沖。マダイ、ヒラメなどの人気魚種に隠れて目立たないが、広大な瀬が広がる港前から水深150m前後に落ち込み、なだらかな斜面が続く大原沖はオニカサゴの一級ポイントだ。
今このオニカサゴを狙っているのは、大原港の数多の船宿の中でも「松栄丸」を含め数隻のみのため型は抜群。平均サイズは1㎏前後、2㎏を超える大オニも珍しくない釣り場だ。
取材日は中井一也船長も「潮が動かないよ」と嘆くほど、条件は良くなかった。それでもキロ前後の良型オニカサゴが船上にいくつも取り込まれ、外道のメダイやユメカサゴまじりでクーラーは埋まった。
周年狙えるオニカサゴだが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だと言える。
台風が来て海がひと揉みされれば、さらに期待度アップ。釣って良し、食べて良しの高級魚を狙いにでかけよう。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読