MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

四季を通じてさまざまな魚が釣れる大原沖。周年狙えるマダイを始め、秋から冬にかけてのヒラメ、ショウサイフグ、春から初夏にかけてのヤリイカ、イサキと人気の釣りものがそろう。その中で、ややマイナーな感もあるが、見逃せない釣りものがオニカサゴだ。

釣って良し、食べて良しの高級魚・オニカサゴ。 周年狙えるが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だ

大原沖にはオニカサゴのポイントが広範囲に散らばっている。

良型ゲット。でも、大原沖では、これでも小さい!?大原沖は大型オニカサゴの好ポイント。狙いは2㎏オーバーだ。

こちらも良型。おいしいオニ料理が楽しめそう。

さまざまな料理でおいしく食べられるオニカサゴ。汗をかきながら夏の鍋もいい。

まじりでメダイやノドグロカサゴ、オキメバルなども上がった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松栄丸」。

大型オニカサゴポイントとして知る人ぞ知るのが大原沖。マダイ、ヒラメなどの人気魚種に隠れて目立たないが、広大な瀬が広がる港前から水深150m前後に落ち込み、なだらかな斜面が続く大原沖はオニカサゴの一級ポイントだ。
今このオニカサゴを狙っているのは、大原港の数多の船宿の中でも「松栄丸」を含め数隻のみのため型は抜群。平均サイズは1㎏前後、2㎏を超える大オニも珍しくない釣り場だ。
取材日は中井一也船長も「潮が動かないよ」と嘆くほど、条件は良くなかった。それでもキロ前後の良型オニカサゴが船上にいくつも取り込まれ、外道のメダイやユメカサゴまじりでクーラーは埋まった。
周年狙えるオニカサゴだが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だと言える。
台風が来て海がひと揉みされれば、さらに期待度アップ。釣って良し、食べて良しの高級魚を狙いにでかけよう。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
今期も好釣果の茨城平潟港「第十五隆栄丸」オキメバル。最大1㎏超のウスメバル、グラマラス&美味な「パンダ」ことウケグチメバルをメインに、幻の「アンポン」ことヤナギメバル、ゲストも豪華で多彩だ。
茅ヶ崎港「湘南 海成丸」ではヤリイカ&スルメイカの「パラソル級」が多点掛けでまとまって釣れている。釣り味は抜群!ビギナーはブランコ仕掛け、慣れた人は直結仕掛けを使ってデカヤリ釣りを楽しもう!
最新記事
西日本最大規模のフィッシングショー「西日本釣り博2020」が3月7日(土)、8日(日)の2日間、開催される。
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
「ジャパンインターナショナルボートショー2020」が3月5日~8日に開催される。
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読