MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

四季を通じてさまざまな魚が釣れる大原沖。周年狙えるマダイを始め、秋から冬にかけてのヒラメ、ショウサイフグ、春から初夏にかけてのヤリイカ、イサキと人気の釣りものがそろう。その中で、ややマイナーな感もあるが、見逃せない釣りものがオニカサゴだ。

perm_media 《画像ギャラリー》目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】の画像をチェック! navigate_next

釣って良し、食べて良しの高級魚・オニカサゴ。 周年狙えるが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だ

大原沖にはオニカサゴのポイントが広範囲に散らばっている。

良型ゲット。でも、大原沖では、これでも小さい!?大原沖は大型オニカサゴの好ポイント。狙いは2㎏オーバーだ。

こちらも良型。おいしいオニ料理が楽しめそう。

さまざまな料理でおいしく食べられるオニカサゴ。汗をかきながら夏の鍋もいい。

まじりでメダイやノドグロカサゴ、オキメバルなども上がった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松栄丸」。

大型オニカサゴポイントとして知る人ぞ知るのが大原沖。マダイ、ヒラメなどの人気魚種に隠れて目立たないが、広大な瀬が広がる港前から水深150m前後に落ち込み、なだらかな斜面が続く大原沖はオニカサゴの一級ポイントだ。
今このオニカサゴを狙っているのは、大原港の数多の船宿の中でも「松栄丸」を含め数隻のみのため型は抜群。平均サイズは1㎏前後、2㎏を超える大オニも珍しくない釣り場だ。
取材日は中井一也船長も「潮が動かないよ」と嘆くほど、条件は良くなかった。それでもキロ前後の良型オニカサゴが船上にいくつも取り込まれ、外道のメダイやユメカサゴまじりでクーラーは埋まった。
周年狙えるオニカサゴだが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だと言える。
台風が来て海がひと揉みされれば、さらに期待度アップ。釣って良し、食べて良しの高級魚を狙いにでかけよう。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル