MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

四季を通じてさまざまな魚が釣れる大原沖。周年狙えるマダイを始め、秋から冬にかけてのヒラメ、ショウサイフグ、春から初夏にかけてのヤリイカ、イサキと人気の釣りものがそろう。その中で、ややマイナーな感もあるが、見逃せない釣りものがオニカサゴだ。

釣って良し、食べて良しの高級魚・オニカサゴ。 周年狙えるが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だ

大原沖にはオニカサゴのポイントが広範囲に散らばっている。

良型ゲット。でも、大原沖では、これでも小さい!?大原沖は大型オニカサゴの好ポイント。狙いは2㎏オーバーだ。

こちらも良型。おいしいオニ料理が楽しめそう。

さまざまな料理でおいしく食べられるオニカサゴ。汗をかきながら夏の鍋もいい。

まじりでメダイやノドグロカサゴ、オキメバルなども上がった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松栄丸」。

大型オニカサゴポイントとして知る人ぞ知るのが大原沖。マダイ、ヒラメなどの人気魚種に隠れて目立たないが、広大な瀬が広がる港前から水深150m前後に落ち込み、なだらかな斜面が続く大原沖はオニカサゴの一級ポイントだ。
今このオニカサゴを狙っているのは、大原港の数多の船宿の中でも「松栄丸」を含め数隻のみのため型は抜群。平均サイズは1㎏前後、2㎏を超える大オニも珍しくない釣り場だ。
取材日は中井一也船長も「潮が動かないよ」と嘆くほど、条件は良くなかった。それでもキロ前後の良型オニカサゴが船上にいくつも取り込まれ、外道のメダイやユメカサゴまじりでクーラーは埋まった。
周年狙えるオニカサゴだが、ヒラメ、フグが解禁するまでがチャンス。9月は狙い目だと言える。
台風が来て海がひと揉みされれば、さらに期待度アップ。釣って良し、食べて良しの高級魚を狙いにでかけよう。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読