MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
朝イチゴールデンタイムは良型ヒット量産! オキメバル仕掛け

朝イチゴールデンタイムは良型ヒット量産! オキメバル仕掛け

「孝進丸」の仕掛けは、ピンクのフラッシャーサビキ。船宿推奨のオリジナル仕掛けは、ハリス4号30㎝、幹糸6号80㎝だ。このサビキのハリにホタルイカゲソやサバの切り身、イカタンなどを付けてメバルを狙う。

犬吠埼沖オキメバル仕掛け。仕掛けはピンクのフラッシャーサビキ

仕掛けは、ピンクのフラッシャーサビキ。船宿推奨のオリジナル仕掛けは、ハリス4号30㎝、幹糸6号80㎝だ。

「うちの仕掛けは、長年あれこれとさまざまなもの試してきて、ようやくたどりついたものです。以前はハリス長がもっと短かったのですが、30㎝が一番安定していると分かったんです。枝間80㎝も同じ理由です」と、大川文博船長は話す。

このサビキのハリにホタルイカゲソやサバの切り身、イカタンなどを付けてメバルを狙う。目がよいと言われているオキメバルは、この付けエサの選択で釣果が左右されるといっても過言ではない。

「基本的には、入れ食いのときはエサの種類はあまり関係ないようですが、エサの大きさに気をつけてください。大きすぎるエサはダメです。サバの切り身ならなるべく細く、そして、できるだけ身をそいで薄くしてやります。イカタンも同じ大きさで」と船長。

オキメバルはエサを吸い込むように捕食するので、吸い込みやすいような大きさにしてやればいいのだという。

犬吠崎沖 オキメバル釣行レポート

「孝進丸」は最新鋭の大型船だ。釣り座ゆったり

手持ち竿で誘いはソフトにしましょう

これぞ! ズラズラズラ〜リ! 気持ちいいほど魚が掛かっている

なんと常連さんは、10本バリにパーフェクトヒット! 今季は澄み潮のため朝イチが時合いだと大川船長は話す

パーフェクトじゃないけど、良型がそろいました!

開始早々これだけ釣れれば安心です

身厚で美味しいぞ!

深場ではハリ数だけパーフェクトヒットは少ないものの、大型メバルがヒットする。大型はベタ底より高めのタナにいることが多い

大型オキメバルは深場でキャッチ!

大型はフグやヒラメと同じく、薄造りにしてポン酢でいただこう

八王子市の小島さんは、犬吠埼沖初で竿頭だった

釣れるオキメバルはコレ!
上段写真(ウケグチメバル):パンダメバルと言われている。ウスメバルより身が固い
下段写真:(ウスメバル)オキメバルのメインがコレ。最大は40㎝以上になる。味もよい

「孝進丸」オリジナル仕掛けがコレ。船上で購入できる。ハリス3号だと切られることも多いので、4号なのだという。食いがよいときはサビキを連結してもよいという

ホタルイカはゲソのみ使用。目と目の間にハリを刺す

イカタンもオススメ

サバの切り身は定番エサ。できるだけ薄く、細くしよう。釣ったサバをエサにするなら、釣り座付近にあるまな板を利用して切る。ナイフや包丁は持参

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・銚子犬若港「孝進丸」。

ズラズラズラ〜リとサビキ仕掛けに鈴なりに掛かるオキメバル。犬吠埼沖水深130m前後で釣れるオキメバルは良型のウスメバル中心。

銚子犬若港「孝進丸」では、1月から3月にかけて、港から東へ航程約1時間20分の岩礁帯に群れるオキメバルを専門に狙っている。

特徴は良型が数釣れること。一人40〜50匹はザラだ。しかも、かなりおいしい。煮付けが定番だが、大川文博船長のおすすめは塩焼きだ。

釣り方は、サビキ釣り。ピンクのフラッシャーサビキ7本バリにホタルイカゲソやサバの切り身、イカタンをチョン掛けにする。とくに難しい誘いは必要なく、タナはベタ底。根掛かりさせないように、オモリをたまにトントンと底に着かせるぐらいでよいという。

「メバルはとても明確なアタリをだしますからね。最初のアタリを見てすぐに巻き上げてしまう人もみかけますが、すぐに上げないことがコツです。メバルが1匹掛かれば追い食いしますからね。多点掛けをさせてからゆっくりと上げてください」と大川船長はアドバイス。

「激しい動きの誘いはダメですよ。誘いはやさしくソフトに! これが基本です」とも話す。

簡単に数釣りできる犬吠埼沖のオキメバル釣り。アジやヤリイカ、マゾイなどおいしいゲストがまじるのも魅力だ。

犬吠埼沖のオキメバル釣り。ソフトにゆっくり誘って1匹掛けたら追い食い期待

釣り方だが、基本的には底釣りだ。メバルは底から5〜6mの間に群がっていることが多く、サビキの全長とほぼ同じなので、タナはオモリトントンでよいという。

「だいたい2〜3mの高さの岩礁が多いですから、激しく根掛かりすることは少ないですね。だけど、根掛かりには気をつけてください。マメな底ダチ取りが必要です」

オキメバル釣りは最初の1匹を掛けることが最も大事といわれている。1匹掛かれば、他のメバルたちもそれにつられて、追い食いするのだ。

「1匹ヒットしたらすぐに上げないでください。基本的にはあまり動かさずそのままでいいです」という。反応が濃く高く出ているときは、少しずつ巻き上げるのも効果的だ。

「水深が130m以上ありますから、竿を強くシャクって誘う人もいますが、それはよくないですね。
誘うならゆっくりとソフトに。タナで竿の長さ分、上下させているだけで十分に誘いになりますよ」

波が多少あるときは、置き竿にして船の揺れだけでも十分に誘いになるという。

「あと、水中ライトはいりません。オマツリの原因になるだけです」とのアドバイス。

意外と簡単なオキメバル釣り。ぜひ、お早めにチャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル