MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾で久々のサワラ回遊! 一本GETすれば脂ノリノリ激ウマ

相模湾で久々のサワラ回遊! 一本GETすれば脂ノリノリ激ウマ

相模湾にサワラが回遊。「7年ぶりか8年ぶりだと思うよ。前はサゴシサイズが多い時もあったけど、今年は今までの所はサワラサイズ。ただ、ムラが激しいのが困るよ」庄治郎丸でルアー乗合を担当する世古船長の言葉だ。

サワラ釣果の乱高下は凄まじい! 覚悟してサワラ釣りに臨もう!

サワラが釣れた! との報が出回れば、船上はこの通り。しかし、サワラは乱高下が激しいのである

何がヒットするか分からないルアーゲーム! トルクフルな引きを満喫しよう

良型サラサ!

取り込まれる青物。本命がサワラでもうれしいゲスト

良型のホンカンパチがヒットした。かなり引くので楽しめた

うれしいゲストがカンパチだ。相模湾はベイトが多いのでフィッシュイーターたちも魚種豊富だ

サワラジギングはタチウオタックルでOK!!

嬉しい一本!

アマダイはスローピッチジャークのターゲット。ジギングで釣れるのだ

サバはもはや外道ではない。おいしいお土産だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄治郎丸」。

船長の言葉通り、サワラのムラっ気の激しさは、数ある釣り物のなかでもトップクラス。群れの回遊は相模湾の東沖一帯で昨年末から確認されていたが、ルアーを得意とする船がこぞって狙い始めたのは年が明けてから。その後の釣果記録を辿ってみても、その乱高下は凄まじい。船中20本以上の日の翌日に船中ゼロがあったりもする。

乗船取材ではバッチリ谷間の日に当たってしまった。「昨日くればよかったのに…」、「あの次の日に釣れたんだよ」という言葉を聞くのは実にツラい。

しかし、これを覚悟の上で挑戦しなければ、サワラ釣りは始まらない。今期はワラサやタチウオ、大サバなど、ゲストが多彩なのも救いのひとつだ。

エキサイティングなキャスティングの釣りだけでなくジギングでも狙える。脂がしっかりのった激ウマな寒中のサワラを楽しめるのはルアーアングラーの特権でもある。臆することなくチャレンジをおすすめする!

以上の記事は「つり丸」2014年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
最新記事
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読