MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで狙う”サワラゲーム”今後チャンス!

ジギング&キャスティングで狙う”サワラゲーム”今後チャンス!

東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!

サワラゲームは博打要素が強い! まさに神出鬼没で行ってみなければわからない

超がつく高級魚だけに、漁師も狙う

夕方になると、サワラの活性が一気に上がった! キャスティングでプラグに炸裂したが、この直後高切れ…。大型も回遊中!

暴れて大変なのでしっかりタモで捕獲しよう!

嬉しい一本を釣り上げた

まるでノコギリのようなサワラの歯。リーダーはもちろん、アシストラインさえも切ってしまう

3kg前後がアベレージ。トップはなんと4本!

今期は平均してサイズがいいが、サゴシサイズもまじる。もちろん味は激ウマだ

4kgはあろうかというグッドサイズ! ジギングでキャッチ

「フリッツ」(タックルハウス)はサワラゲームでは定番中の定番ミノー。この日も大活躍だった

バレてもバレてもガンガンアタックしてくる!

4㎏クラスの良型!こちらはキャスティングでキャッチ!

船の周りでガバガバやっているのになかなかヒットしないので、見かねた船長がキャストしたら一発でヒット!

「例年ピークは2月頃です。ぜひ狙いに来てください!」と福住船長

ヒットジグの「メタルフラップ」(メロン屋工房)と、サワラが吐き出したカタクチイワシ。吐き出されるイワシは、必ずといっていいほど真っ二つになって出てくる

小型のシンキングミノーやシンキングペンシルがメイン。トップウォーターも忘れずに!

ジグのウエイトは100~150g程度。カラーはシルバー系の他、赤金系にもヒットしていた

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

湾口サワラゲームを得意とする船宿のひとつが、磯子「釣福丸」だ。

取材は1月中旬。ポイントに着くとイワシが回遊し、上空には鳥が舞う。サワラの跳ねは見られないが、魚っ気はムンムンである。そこでジギングから開始すると、いきなり良型が次々とヒット! 取材成立! と喜んでいると、

「これで終わりじゃないよ。今日は夕方に爆発するよ」と福住武彦船長。

そして太陽が西に傾くと、船長の言葉通りクライマックスが訪れた。

サワラがイワシを追い、水飛沫が上がる。ときにはイワシを固めるほどで、こうなるとキャスティングが断然有利となる。ルアーを次々とサワラが襲い、ミスバイトしてもさらに追う。バラシの連続。ラインブレイクも多発。高切れもあるので、大物もまじっているようだ。

終わってみれば、トップ4本2名、船中15本と大爆釣!

「ピークは例年2月。これからがチャンスだよ」とのこと。超がつく激ウマ寒サワラ。さあ、東京湾口へ急げ!

以上の記事は「つり丸」2014年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読