MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで狙う”サワラゲーム”今後チャンス!

ジギング&キャスティングで狙う”サワラゲーム”今後チャンス!

東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!

サワラゲームは博打要素が強い! まさに神出鬼没で行ってみなければわからない

超がつく高級魚だけに、漁師も狙う

夕方になると、サワラの活性が一気に上がった! キャスティングでプラグに炸裂したが、この直後高切れ…。大型も回遊中!

暴れて大変なのでしっかりタモで捕獲しよう!

嬉しい一本を釣り上げた

まるでノコギリのようなサワラの歯。リーダーはもちろん、アシストラインさえも切ってしまう

3kg前後がアベレージ。トップはなんと4本!

今期は平均してサイズがいいが、サゴシサイズもまじる。もちろん味は激ウマだ

4kgはあろうかというグッドサイズ! ジギングでキャッチ

「フリッツ」(タックルハウス)はサワラゲームでは定番中の定番ミノー。この日も大活躍だった

バレてもバレてもガンガンアタックしてくる!

4㎏クラスの良型!こちらはキャスティングでキャッチ!

船の周りでガバガバやっているのになかなかヒットしないので、見かねた船長がキャストしたら一発でヒット!

「例年ピークは2月頃です。ぜひ狙いに来てください!」と福住船長

ヒットジグの「メタルフラップ」(メロン屋工房)と、サワラが吐き出したカタクチイワシ。吐き出されるイワシは、必ずといっていいほど真っ二つになって出てくる

小型のシンキングミノーやシンキングペンシルがメイン。トップウォーターも忘れずに!

ジグのウエイトは100~150g程度。カラーはシルバー系の他、赤金系にもヒットしていた

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

湾口サワラゲームを得意とする船宿のひとつが、磯子「釣福丸」だ。

取材は1月中旬。ポイントに着くとイワシが回遊し、上空には鳥が舞う。サワラの跳ねは見られないが、魚っ気はムンムンである。そこでジギングから開始すると、いきなり良型が次々とヒット! 取材成立! と喜んでいると、

「これで終わりじゃないよ。今日は夕方に爆発するよ」と福住武彦船長。

そして太陽が西に傾くと、船長の言葉通りクライマックスが訪れた。

サワラがイワシを追い、水飛沫が上がる。ときにはイワシを固めるほどで、こうなるとキャスティングが断然有利となる。ルアーを次々とサワラが襲い、ミスバイトしてもさらに追う。バラシの連続。ラインブレイクも多発。高切れもあるので、大物もまじっているようだ。

終わってみれば、トップ4本2名、船中15本と大爆釣!

「ピークは例年2月。これからがチャンスだよ」とのこと。超がつく激ウマ寒サワラ。さあ、東京湾口へ急げ!

以上の記事は「つり丸」2014年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読