MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
新春といえばマダイ! 確実にゲットする方法を教えます(一義丸)

新春といえばマダイ! 確実にゲットする方法を教えます(一義丸)

剣崎沖のコマセマダイに挑戦するには、標準的なコマセマダイ用タックルがあればOKだ。竿はオモリ80号に対応したコマセマダイ用。長さは2.4〜3.6m。リールは小型電動、または手巻きの中型両軸。

マダイ仕掛け。仕掛けはチモトを編み込み補強し強度にこだわろう

剣崎沖のコマセマダイに挑戦するには、標準的なコマセマダイ用タックルがあればOKだ。

竿はオモリ80号に対応したコマセマダイ用。長さは2.4〜3.6m。

手持ち派は短め、置き竿派は長めというのがセオリー。しかし、近年ではライト化の傾向で、短めの竿を使う人が増えているようだ。

リールは小型電動、または手巻きの中型両軸。水深90m前後の深場を狙うこともあるので、電動リール使用のほうが楽で便利だろう。

また、リールは高性能ドラグを搭載したものを使おう。大型マダイや青物が掛かった場合は、ドラグを駆使してラインを出し入れしながらやり取りをしないといけない。スムーズにラインが出ていかないと、ラインブレイクにつながってしまうからだ。

道糸はPEラインの3〜4号を300m巻いておこう。

立川船長の仕掛けの特徴はチモトの編み込み補強。これをするかしないかで、結びの強度が変わってくる。ワンランク太いハリスの感覚でやり取りができ、大型マダイや青物が掛かっても安心だ。

仕掛けを自作する場合は、左のイラストのように、添え糸で編み付けて補強しよう。イラストは南方延縄結びだが、外掛け結びや内掛け結びでもこの方法で補強できる。

ハリは軸がしっかりしたものを使おう。軸が細いハリは、大型マダイや青物が掛かったときに伸ばされたり、折れる可能性があるからだ。

東京湾口・剣崎沖 マダイ釣行レポート

剣崎沖はマダイポイントが多数存在する好漁場だ!

ヒット! これは本命だ

マダイが浮いた! タモで確実に取り込もう

新春の初釣りで、こんなきれいなマダイが釣れれば最高だ!

キロクラスのマダイ。食べても美味しい!

永井名人も手堅く本命を手にした!

常連さんたちは、チャンスタイムに確実に食わせていく!

「2枚目です!」と常連さん

シケ気味の日は弛ませないように注意して巻き上げよう

水深のある場所ではカイワリがまじった

トラフグも掛かった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「一義丸」。

新春の釣りといえば、やはりマダイを釣りたいという人が多いことだろう。冬場は水温が低下して、潮が澄むことが多く、釣るのが難しくなるが、東京湾口部の剣崎沖は好釣果が目立っている。

剣崎松輪「一義丸」は剣崎沖〜久里浜沖を広範囲に狙っている。いい日にはトップ5枚以上もあり、時おり大型もまじっている。新年の初釣りにマダイを狙うには、剣崎沖はオススメなのだ。

前述もしているように、この時期は難しい日もある。マダイがビシの動きに敏感に反応し、なかなか口を使わないときもしばしば。タナ取り、誘いなどは、マダイの動きを理解しておこなうようにしたい。

また船長のアナウンスには、いろいろなヒントが含まれている。注意深く聞くようにして、本命を確実にゲットしよう!

海面からのタナ取り。ハリスは船長が指示する長さにするのが基本

取材当日は海面からの水深指示でタナを取った。

立川船長によると、タナ取り時にビシを指示ダナよりも下に落とすとマダイが驚き逃げるという。そしてコマセをまいてビシをタナまで巻き上げると、マダイはコマセに寄って船下に入るそうだ。タナ取り時は、このことをイメージするのが大事だ。

当日、立川船長から指示ダナの5mぐらい下までビシを落としてから、タナまで巻き上げる指示が出た。これ以上落とさないのは、極力マダイを驚かせないためだ。

タナ下5mまでビシを落としたら、ハリスが馴染むのを待つのではなく、すぐに指示ダナまで巻き上げる。これもマダイを驚かせないため。ここでハリスが馴染むのを待つと、さらにマダイが警戒してしまうからだ。

ハリスは船長が指示する長さにするのが基本。反応の位置とハリスの長さから、タナを決定するからだ。船長が指示する長さでないと、付けエサがマダイから離れた位置を漂ってしまう。

またハリスが10mと長いので、コマセをまくときは下の方でまいた方が同調しやすい。コマセをまくときも軽く竿を振ってマダイを驚かせないようにする。

小さな幅での誘い上げ。一定のペースで仕掛けを入れ替えよう

ビシを指示ダナにセットしたら、静かにアタリを待つ。誘い方などわからない人は、置き竿で静かに待った方が無難。無理に誘うと、誘いが誘いにならずに逆効果になってしまうことがあるからだ。

立川船長がこの時期オススメする誘いは、小さな幅での誘い上げ。ビシを大きく動かすとマダイが逃げてしまうからだ。

「探見丸」を見て反応があるとき、船長から「反応出てますよ!」とアナウンスがあったチャンスタイムに誘うのが有効だ。反応がないのに頻繁に誘ってしまうと、マダイを警戒させ逆効果になるので注意しよう。

仕掛けを投入したら、入れっぱなしにせず、一定のペースで入れ替えることも大事だ。寒い時期なので、ビギナーは長時間仕掛けを入れて放置しやすいので注意しよう。

冬場は潮が澄む日が多くなり、澄み潮時にはウマヅラやカワハギ、フグなどのエサ取りが活発になりやすい。ポイントによっては付けエサが取られやすくなるので、状況次第で3〜5分のペースで入れ替えること。

取材当日はフグが邪魔する場面もしばしばあった。アタリがないのにハリスに傷が付いたり、ハリだけ取られることが何回もあったので、仕掛けの予備は多めに持参するといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読