MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
早朝出船、昼揚がりが嬉しい走水沖のアジ【東京湾・走水沖】

早朝出船、昼揚がりが嬉しい走水沖のアジ【東京湾・走水沖】

夏の終わりに差し掛かりつつも、まだまだ暑い日が続いている今、東京湾のアジが好釣だ。湾口に近い場所に位置する走水沖は、ブランドアジが釣れることとして名高い。ここのアジは、地名の由来ともなっている速い潮が通す海域の中で育っているため、身が引き締まり、脂も乗って美味しいと評判だ。

超美味なブランドアジをトップ70匹以上釣ることも多い。釣果は安定しており、数釣りが楽しめている

日が昇る頃に釣り開始だ!

取材当日は35㎝級の良型が多かった!

食いがたてばダブル、トリプルもある!

ムチムチパンパンでいかにも美味しそうだ。

当日は走水沖の40m前後を狙った!

チャーする鈴木船長。わからなければ、いろいろ聞いてみよう!

ビシは150号、付けエサはアカタン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「吉明丸」。

グルメな釣り人が美味いと口を揃える走水沖のアジ。このブランドアジを狙って出船している走水港「吉明丸」では、日によって多少のムラはあるものの、トップ70匹以上釣ることも多い。釣果は安定しており、数釣りが楽しめている。
「釣れ過ぎ!? なんて思うほど釣れる日もあります(笑)。夏場は、狙う水深が浅いのでアタリが取りやすいです。アジも元気一杯で引きが強く面白いですよ」と話してくれたのは「吉明丸」の鈴木雅之船長。
取材当日の前半は、潮が速く二枚潮気味の状況から、アタリは散発だった。しかし、流れが緩んできた後半に時合い到来! 35㎝級の良型が多く存分に楽しめた。
食味も満点! 刺身、塩焼き、アジフライどれも美味しい。ナメロウにするなら、薬味をたっぷりと入れるのがオススメ。さっぱりとした風味で、夏にピッタリだ。
取材後も好調果が続いている走水沖周辺。しばらくは楽しめそうなので、この夏はおすすめだ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読