MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の肉厚ビラメを釣る! LT&ノーマルタックル&仕掛け(力漁丸)

冬の肉厚ビラメを釣る! LT&ノーマルタックル&仕掛け(力漁丸)

ノーマルタックルの竿はヒラメ専用竿。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3m。ライトタックルで狙う場合、竿はオモリ60号ぐらいまでに対応したライト用。長さは1.6〜2.4m。

ノーマルタックル&ライトタックルと仕掛けの詳細

今回取材した「力漁丸」ではライトタックルで狙うこともOKだ。

まずノーマルタックルから解説しよう。竿はヒラメ専用竿。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3m。

リールは手巻きの中小型両軸リール。または小型電動。道糸はPEラインの3〜4号を150m以上巻いておこう。

ライトタックルで狙う場合、竿はオモリ60号ぐらいまでに対応したライト用。長さは1.6〜2.4m。

リールは手巻きの小型両軸か小型電動。道糸はPEラインの1.5号以下を150m以上巻いておこう。

前述もしているように浅場をメインに狙っているので、手巻きリールで十分だ。電動リールは、深場を狙う時のために用意しておけば万全だ。


仕掛けは、枝スを1本出した胴付き式。ノーマルタックルとライトタックルでは、同じ仕掛けを使ってもOK。ただしライトタックルでは、ワンランク細くした仕掛けを使ってもOKだ。

ライトタックルでは、道糸のPEラインと仕掛けの幹糸を直結にするのがオススメだ。ライトタックルの竿は短いので、直結にすることで幹糸を巻き込むことができて、取り込み時に楽だ。

ノーマルタックルでは幹糸は6〜8号、80〜100㎝。ハリスは6号、80㎝前後。捨て糸は4〜5号、50㎝。ハリは親バリが角セイゴ18号、孫バリはトリプル8号など。

ライトタックルは幹糸は5〜8号、80〜100㎝。ハリスは5〜6号、80㎝前後。捨て糸は3〜4号、50㎝。ハリは親バリが角セイゴ18号、孫バリはトリプル8号など。

「力漁丸」では、ノーマルタックルはオモリ80号を使用。ライトタックルの場合は、周囲の釣り人とオマツリせず、仕掛けの浮き上がりなども考えて各自で調整しよう。だいたい40〜60号で調整できるだろう。

外房・大原沖 ヒラメ釣行レポート

ライトタックルで狙うと、さらにおもしろい!

ヒット! アワセが決まった

取り込みはタモで確実に!

嬉しい1枚

この日、鈴木新太郎さんは11枚でトップ! 

キロ前後のサイズが多いなか、2~3㎏の中型がまじる

ヒラメは厚みを増して、食味もアップ!

しっかり食いこませて、親バリにフッキング

イナダ、ワラサは定番ゲスト

マハタもまじった

「力漁丸」の仕掛け

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「力漁丸」。

今シーズンの大原沖のヒラメは9月に部分解禁、10月に全面解禁という二段階の解禁でシーズンがスタートした。シーズン開幕からまずまずの好調ぶりで、12月中旬の時点でも好釣果が続いている。

12月前半の大原港「力漁丸」の取材時もそうだったが、目下のポイントは港からほど近い浅場がメイン。水深は10m台から10m未満の場所も狙う。

釣れるサイズはキロ前後が多く、これに中型や大型が時おりまじるという展開が多い。これからはイワシの群れが接岸する時期でもあるので、イワシの群れがやってきたときは、それを追いかける良型ビラメの数釣りが期待できるのだ。

また冬のヒラメは食べても美味! 身が厚くなって旨味も強い。エンガワはとくに脂がよく乗って美味しい。

釣って楽しく、食べて美味しい冬のヒラメ。好調な大原沖は、新春の初釣りにもオススメだ!

イワシの元気な動きが海中でヒラメにアピール! エサ付けは迅速に

エサはマイワシを使うが、数に限りがあるので大事に扱うこと。また、イワシの元気な動きが海中でヒラメにアピールするので、エサ付けは迅速におこなうことも大事だ。

親バリの刺し方は、上のイラストで示したように鼻掛けか上アゴ掛け。鼻掛けの場合、ハリがズレないようにするために、ソフトタイプの夜光玉をハリに付けておくといいだろう。

上アゴ掛けは口からハリ先を入れ、上アゴを刺しぬいてハリ先を出すようにする。今回取材に同行していただいた鈴木新太郎さんはこの方法だ。

孫バリがトリプルの場合、根掛かりを防止するために背中側(背ビレの後ろ付近)に刺すのが一般的だ。食いが浅いとき、または横流しで船がどんどん流されてヒラメがエサを追い切れない状況では、尾ビレのほうにズラすといいだろう。

横流しの釣り。浅場のポイントでは広範囲を探るために横流しで釣る

取材当日、「力漁丸」は横流しでポイント上に船を流した。浅場のポイントでは広範囲を探るために、ほとんどの船が横流しで船を流す。

横流しは、船体の側面に風を受けて船を流していく。そのため右舷側が風上のときは、左舷側が早く新しいポイントに入るので有利になる。逆に左舷側が風上になれば、右舷側が有利になる。ほとんどの船が流し替えるごとに船の向きを変えるので、席による釣果の偏りは少ない。

横流しの場合、オモリが海底に着いたら、オモリが海底に着くか着かないかの位置をキープしてアタリを待とう。

風が強かったり、潮が速いときはどんどん船が流されるので、そのまま待っていると仕掛けが浮き上がる。仕掛けが浮き上がったら、道糸を出してオモリを海底付近にキープしよう。

しかし、風下側の釣り人は糸を出しすぎないように。糸を出しすぎると、反対舷の釣り人とオマツリしやすくなる。ある程度糸を出したら、仕掛けを回収して再投入しよう。

一方、風上側の釣り人は糸を出してもオマツリの心配はない。ただし風下側の釣り人よりも仕掛けが新しいポイントに入るのが遅いので、糸を出しすぎると不利になるので注意しよう。

アタリからアワセまで(風下の釣り方)とハリ掛かりしない時

アタリがあったら、しっかりと食い込むのを待ってからアワせること。船がどんどん流される場合は、糸を出しながら食い込むのを待とう。

アタってもハリ掛かりしなかったら、仕掛けを回収するのではなく、エサが付いていることを信じて再度仕掛けを落としてみよう。ヒラメは獰猛なので、うまくすればアタるだろう。

このとき、ハリに付いているエサは死んでいることもある。仕掛けを落としたら、誘って付けエサを動かすと有効なときもある。。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読