MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣り場は浅場の根回周り! 東京湾で美味しいアジを釣ろう!(小川丸)

釣り場は浅場の根回周り! 東京湾で美味しいアジを釣ろう!(小川丸)

「今年は水温が高いこともあって、猿島の浅場で根周りをやってます。ここは型がいいのが特徴です」と「小川丸」のアジ船担当船長。連日クーラーBOXは満タンでイナダやサワラ、クロダイなど外道も楽しみである。

perm_media 《画像ギャラリー》釣り場は浅場の根回周り! 東京湾で美味しいアジを釣ろう!(小川丸)の画像をチェック! navigate_next

この釣りはコマセワークと正確なタナ取りが大切! 状況次第で浅ダナも

港からすぐの大津沖も狙う!

猿島沖を狙うこともある

しっかりコマセをまいて、正確にタナを取ることも大事

仲良くダブルでゲットだ!

︎半日アジは、カップルや夫婦で楽しむのもオススメ

︎中型のアジはとくに美味!

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね!

35cmをこえる良型もまじる

数釣りも楽しめるので、年末年始の釣りにもオススメ

大津沖の絶品アジ

ホウボウもまじった

ビシは130号。コマセはイワシミンチ

コマセはビシに8分目まで入れる

アカタンは一つのハリに1個を付ける

配られる付けエサはアカタン。アオイソメは宿で購入しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大津港「小川丸」。

猿島〜大津沖のアジは幅広で肉厚な20〜40㎝ちかい、通称「チュッパ」サイズがレギュラーサイズ。そして、半日船でトップ50匹オーバーも珍しくない。浅場でこの釣果には驚きである。この釣りは、コマセワークと正確なタナ取りが大切。船長は、魚の活性や釣れるサイズを見ながら指示ダナを変えていく。活性が上がったり、小さいサイズが多い時はタナがグングン高くなる。良型は、小さいサイズの上を回遊していると船長。状況次第で、タナは5m以上になることも珍しくない。

「慣れない人でも、おかずくらいは安定して釣れますね。浅いだけに引きは強くて、何と言っても美味いんですよ」と船長も魅力を語る。

幅広肉厚で黄金色に輝き、尻尾は黄色のナイスバディー。見てのとおりの美味さで、上品な脂がシットリと甘い。「アジってこんなに美味しかったんだ!」と顔がほころぶ。

新鮮な素材を生かした刺身やタタキ、塩焼きは絶品な美味さ。数が釣れたら、アジフライや干物が船長のオススメである。レパートリーが豊富で、近所に配っても喜ばれる優秀な魚。大津沖の絶品金ピカアジを、是非楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル