MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
早くも春告魚が元気いっぱい! 洲崎沖のオキメバル五目(源平丸)

早くも春告魚が元気いっぱい! 洲崎沖のオキメバル五目(源平丸)

オレンジ色に輝くメバルが船上に舞う。洲崎港の「源平丸」では、オキメバルが3点、4点掛けで釣れ上がるシーンが連発。同じポイントでイサキもまじり、クーラーは色鮮やかな魚で埋まっていった。

perm_media 《画像ギャラリー》早くも春告魚が元気いっぱい! 洲崎沖のオキメバル五目(源平丸)の画像をチェック! navigate_next

釣り方はカンタン! 底からタナを合わせてアタリを待つだけだ!

3点掛け、4点掛けで赤いメバルが上がってくる、一足早く春が訪れる南房で春告魚が好調だ

煮付けは身がフワフワで絶品!

こちらは良型一荷

イサキもまじり、いいお土産に。脂が乗って味もバツグン

タックルはイサキのものが流用てきる。仕掛けはウイリーや、空バリ+イカタンなど

コマセはこの通り

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「源平丸」。

釣りの対象には様々な種類のメバルがいるが、洲崎沖ではトゴットメバルが中心に良型のウスメバルがまじる。潮通しの良い沖根を狙うため、メバル、イサキの他にも多くの魚が顔を見せるのもこの釣りの面白さだ。

釣り方は簡単で、底からタナを合わせてアタリを待つだけ。船長は「底から4から6m」のように探る範囲を教えてくれるので、30秒ほど待ってアタリがなければタナを上へ上へと探ってやる。アタリは、穂先がキュキュッ!と絞り込まれるので、そのままゆっくり1~2m巻き上げて追い食いさせよう。上手くやればハリ数だけ掛かってくることも珍しくない。

他にはカイワリ、キントキ、アマダイ、カサゴなどがまじり、ときには関東近海ではレアな高級魚ヒメダイが釣れることもある。魚種の多彩さでは関東屈指の好釣り場が洲崎沖だ。

メバルは「春告魚」とも呼ばれ、新春の訪れとともに盛期を迎える。寒い時期のトゴットメバルは煮つけにすると身がふわふわと柔らかく絶品だ。2019年の初釣りにもおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル