MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高価値のある一枚をキャッチせよ! マダイゲーム(フレンドシップ)

高価値のある一枚をキャッチせよ! マダイゲーム(フレンドシップ)

シンプルなライトタックルで、極端なことを言ってしまえば「落として巻くだけ」でマダイをはじめ根魚や青物など多彩な魚が釣れ、しかも老若男女誰でも手軽にゲーム性の高い釣りが楽しめると人気が高い「タイラバ」。

初心者もベテランも熱くさせてしまうゲーム性の高い釣りを楽しむ

ポイントは東京湾口周辺の水深30〜80mを攻めた

リールのドラグを駆使してファイトする。最近は電動リールで楽しむアングラーも多い

急激な冷え込みの影響ないほうがか、食い渋りの中ヒットした2㎏の美しいマダイ。価値ある一枚だ

「釣る人は必ず何か工夫しています」と田岡船長

常連の田中さんも貴重な一枚。「タイラバは昨年から始めて20回ほど楽しんでいますが、まだボウズはありません」と凄いお言葉!

︎取材日はサワラ・青物・マダイ狙いと贅沢なメニュー。釣り人のワガママな要求に応えてくれる「フレンドシップ」は、タックルも様々な物を用意しよう

田中さんのタイラバケース。ヘッドは100gをメインに、浅場用で80gがあればよい

「フレンドシップ」ではシーバスもオススメ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋港「フレンドシップ」。

初心者も親しみやすい釣りでありながら、一歩その世界に入ってしまうとどっぷりと浸かってしまうほど非常に奥深いところがベテランをも熱くさせてしまう。こんなところも、この釣りの大きな魅力のひとつだろう。

そんなタイラバゲームを東京湾で楽しませてくれるのが、千葉・船橋港の「フレンドシップ」だ。

「これからの季節は、このタイラバがオススメです。ぜひゲーム性の高い釣りを楽しんでください」とは、田岡要司船長。

昔から多彩な釣り方でマダイ釣りが行われていた東京湾。それだけマダイが豊富に生息しているのであるが、釣り人口が多く遊漁船の数も多いだけに、状況がよければアタリの数も多いだろうが、平均的には一日釣りをして、よくても数回程度。だからこそ一枚の価値が高く、釣ったときの喜びは何ものにも代えがたい。

寒い季節ではあるが、頭の中は激アツのこの釣り。価値ある一枚を求め、東京湾に出かけてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読