MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)

狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)

爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

深海ジギングが人気上昇中! 1枚の価値が大きいのがキンメダイだ

片舷に並んで釣るのが基本スタイル

竿入れの時間は季節によって異なる。期待が溢れる瞬間だ

キンメダイは遊泳力がある魚。ダイレクトな引きを楽しみながらやり取りしよう

見事な2kgオーバー! こんなキンメがヒットするのが新島沖の魅力だ

買ったらいくら? と思わず計算してしまうほどの見事なキンメだ

漁師も楽しむ! この笑顔がキンメの魅力を物語っている!?

独特な形状のジグで連発していたアングラー

シャークアタックの被害。憎きサメの仕業だ

バラシに悩んだ釣り人も見事にキャッチ!

大金星となった5kgクラスのクロムツ。密かにコイツを狙っている釣り人も少なくない

速潮の時には1000gが必要になることもある。ぜひ数本用意しておきたい

電動ジギングも人気がある

使用するジグのウエイトは500〜1000gが目安だ

流し替えのタイミングでジグやフックをチェンジする。投入に遅れないよう、素早く行いたい

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛門」。

キンメダイは、まずは1枚。3枚も釣れば上出来という釣りだが、その1枚の価値が大きいのがジギングで狙うキンメダイの醍醐味。とりわけ新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏! という型揃いなのが魅力だ。

取材日は少々シケ模様のなかでの釣りとなった。潮流も2ノットを超える速潮。最初の投入は、多くのアングラーが1㎏クラスのジグを落とし込んだ。水深は345m。日が昇るとともに深場に落ちていき、400mから500mを狙うようになるのが特徴だ。

1回、2回、3回と空振りが続いた。スタートから3時間ほどは船中ノーフィッシュ。不安な空気が支配的になったものの、突如連発! そこからは順調に数を重ね、5㎏クラスのクロムツまで登場。
終わってみれば上々の出来、と言える1日となった。

何かアドバイス、ありますか? と浅沼清人船長に尋ねた。

「サメが寄ってきてしまうので血抜きはやめてほしいですね。漁でも血抜きはしませんが、十分に美味しく食べられますよ」と返ってきた。

自身を含め、乗船者全員の好釣果のため、くれぐれも遵守、楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル