MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)

狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)

爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!

perm_media 《画像ギャラリー》狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)の画像をチェック! navigate_next

深海ジギングが人気上昇中! 1枚の価値が大きいのがキンメダイだ

片舷に並んで釣るのが基本スタイル

竿入れの時間は季節によって異なる。期待が溢れる瞬間だ

キンメダイは遊泳力がある魚。ダイレクトな引きを楽しみながらやり取りしよう

見事な2kgオーバー! こんなキンメがヒットするのが新島沖の魅力だ

買ったらいくら? と思わず計算してしまうほどの見事なキンメだ

漁師も楽しむ! この笑顔がキンメの魅力を物語っている!?

独特な形状のジグで連発していたアングラー

シャークアタックの被害。憎きサメの仕業だ

バラシに悩んだ釣り人も見事にキャッチ!

大金星となった5kgクラスのクロムツ。密かにコイツを狙っている釣り人も少なくない

速潮の時には1000gが必要になることもある。ぜひ数本用意しておきたい

電動ジギングも人気がある

使用するジグのウエイトは500〜1000gが目安だ

流し替えのタイミングでジグやフックをチェンジする。投入に遅れないよう、素早く行いたい

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛門」。

キンメダイは、まずは1枚。3枚も釣れば上出来という釣りだが、その1枚の価値が大きいのがジギングで狙うキンメダイの醍醐味。とりわけ新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏! という型揃いなのが魅力だ。

取材日は少々シケ模様のなかでの釣りとなった。潮流も2ノットを超える速潮。最初の投入は、多くのアングラーが1㎏クラスのジグを落とし込んだ。水深は345m。日が昇るとともに深場に落ちていき、400mから500mを狙うようになるのが特徴だ。

1回、2回、3回と空振りが続いた。スタートから3時間ほどは船中ノーフィッシュ。不安な空気が支配的になったものの、突如連発! そこからは順調に数を重ね、5㎏クラスのクロムツまで登場。
終わってみれば上々の出来、と言える1日となった。

何かアドバイス、ありますか? と浅沼清人船長に尋ねた。

「サメが寄ってきてしまうので血抜きはやめてほしいですね。漁でも血抜きはしませんが、十分に美味しく食べられますよ」と返ってきた。

自身を含め、乗船者全員の好釣果のため、くれぐれも遵守、楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル