MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10kgも夢じゃない! ”常磐物”ブランドヒラメは味も魅力(日立丸)

10kgも夢じゃない! ”常磐物”ブランドヒラメは味も魅力(日立丸)

ヒラメの仕掛けは各釣り場、船長ごとに微妙に違いがある。「日立丸」の仕掛けは捨て糸が80㎝と長め。これは「ビギナーでもオモリトントンを意識すれば、ある程度一定のタナをキープでき釣果が安定する」とのこと。

「日立丸」のヒラメ仕掛け。イワシ回遊時が大判ビラメチャンス!

ヒラメの仕掛けは単純ではあるが、各釣り場、船長ごとに微妙に違いがある。「日立丸」の仕掛けは捨て糸が80㎝と長め。これは「ビギナーでもオモリトントンを意識すれば、ある程度一定のタナをキープでき釣果が安定するから」とのこと。

「日立丸」では基本的に横流しで攻めるため、風下で糸が船下に入る席の場合、オモリが浮き気味になりタナボケすることもある。そんな時でもオモリトントンを意識すればタナボケは回避出来る(糸を送り過ぎると反対舷とのオマツリが多発するので要注意)。

また目下は根回りを狙っているので捨て糸が短いと、ハリスが根掛かりすることも多くなり仕掛け全部のロストにつながるが、捨て糸が長いと捨て糸とオモリだけの被害で済むというメリットもあるのだ。

茨城・日立沖 ヒラメ釣行レポート

ときに10㎏クラスも姿を現す! 日立沖のヒラメ、大型チャンス!

仲乗りさんが船中あちらへ、こちらへ、忙しい。船中同時多発ヒットも珍しくない

常磐エリアのヒラメは「常磐物」と呼ばれ、味がいいことでも有名。市場でも高値で取引される魚だ。寒くなってきて脂の乗りもいい。食味も最高だ

取材日は大型は出なかったがアタリは活発。このサイズが連続ヒット

今後イワシの回遊があればサイズアップまちがいなし。大判のチャンス!!

せっかくの「常磐物」。しっかり活き締め&血抜きをして、おいしく食べよう!

ジグをシャクっていたお客さんがグッドサイズのトラフグをキャッチ

うれしいゲスト、マハタも上がった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立沖「日立丸」。

ヒラメシーズン真っ盛り! 12月1日に茨城県全域のヒラメ釣りが解禁となり、これで関東エリアの全ヒラメ釣り場が出揃った。

各釣り場それぞれに特徴があるが、茨城北部エリアの日立沖は10㎏も夢ではないサイズの良さと、常磐物と呼ばれ市場でも別格の扱いを受ける味の良さが魅力のヒラメ釣り場だ。

今期の模様について日立港第五埠頭「日立丸」の稲川浩延船長は「今年は水温が高くてダメかな? と思っていたけど、ふたを開けてみたら結構釣れてねー。ヒラメの数は多いかもしれないですね」と語る。

「ただ潮自体は3週間くらい遅れていますね。数年前ならもうこの時期には冷たい潮に乗ってイワシが回遊していて、それを追ってでかいヒラメも入って来ていたんだけど、今年はまだなので今は根周りを中心に狙ってますよ」とのことだ。

今はイワシの回遊待ちといった状況らしいが、そこは日立沖。現段階でも放流サイズはほとんどまじらずキロ級がアベレージサイズで、上は3~4㎏クラス。これがトップ7~8枚釣れている。

年明け頃にはイワシの回遊もあるはずで、そうなれば5㎏、6㎏…いやいや10㎏オーバーも! と初夢を期待させてくれるのが日立沖だ。

以上の記事は「つり丸」2019年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読