MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
束釣りもめずらしくない金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景】

束釣りもめずらしくない金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景】

最近物忘れが激しいのは歳のせいか? 決して存在を忘れていたわけではないのだけれど、考えてみるとずいぶんとご無沙汰だったのが東京湾のアジ。折しもそろそろアジが美味しくなる季節(ここのアジはいつでも美味しいけどね)、猛暑が続く中、ショート船ならこれ幸いと、金沢八景「あい川丸」のLTショートアジ船に乗船した。

八景沖のアジは、春先からずぅーーーっと爆釣継続中!!

この夏も八景沖のアジ釣りが絶好調! 良型まじりで束釣りもある食いの良さ。今おすすめのターゲットだ。

手軽に楽しめるLT。引き味もバツグン。

ベテランから夏休みの子供たちまで、みんなが楽しめる。東京湾のアジはエライ!

イカの船上干しは人気だが、「船上アジの干物」もイイね!

まじりでサバも。しっかりクーラーで冷やして持ち帰ろう。

この日は船中ほとんどの人が60匹以上の釣果だった。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「あい川丸」。

毎年のお約束のように夏場爆釣に沸く八景沖のアジ。今季は春先からずぅーっと爆釣を継続中だ。
「夏場は暑いですし身体のことも考えて」と13時半沖揚がりのショート船で出船している金沢八景「あい川丸」でも連日束釣りを達成している。
「今年はアジが湧いてるね。魚探で見ていても、海底の形が変わったのかな?って思うほどすごい反応が出るからねー」と相川和万船長。また「八景沖のアジはいつでも美味しいですけど、ここに来て魚体を掴むとヌルッとして来て、一段と美味しくなって来ましたよ」とはオカミさんだ。アジは夏場から旨くなり、その証が魚体のヌメリが強くなることなのだ。
ビギナーや子供にも扱いが楽なライトタックルで、もちろん貸し道具も完備している。
「しばらく続きそうだねー。少なくとも夏の間は大丈夫だと思うよ」と船長は今後にも太鼓判。冷たい飲み物をたっぷり持って出かけてみませんか?

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
下田沖に鎮座する神子元島周りは、海中映像で確認すると、大型カンパチやワラサ・ブリ、ヒラマサなどの青物たちがほぼ周年回遊しているのが分かる。今期の神子元東沖はかなりエキサイティングな釣りが楽しめる。
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
東京湾の冬タチウオが元気いっぱいだ。金沢八景「一之瀬丸」では横浜港の水深15mという超浅場で良型連発!本命ポイントの走水沖、観音崎沖では指5本の大型!大満足の釣行となった。
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
最新記事
相模湾、東京湾口などでも見つかっているが、生息域は不明な点が多い。表層でも見つかっているが、漁師さんは水深700mよりも深いところに多いという。
下田沖に鎮座する神子元島周りは、海中映像で確認すると、大型カンパチやワラサ・ブリ、ヒラマサなどの青物たちがほぼ周年回遊しているのが分かる。今期の神子元東沖はかなりエキサイティングな釣りが楽しめる。
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
超高感度形状記憶チタントップ搭載のヤリイカ専用ロッド「アルファソニック ヤリイカ170H」
東京湾の冬タチウオが元気いっぱいだ。金沢八景「一之瀬丸」では横浜港の水深15mという超浅場で良型連発!本命ポイントの走水沖、観音崎沖では指5本の大型!大満足の釣行となった。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読