MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
深場にカワハギの群れが固まればさらなるスパークも期待大!

深場にカワハギの群れが固まればさらなるスパークも期待大!

今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?

perm_media 《画像ギャラリー》深場にカワハギの群れが固まればさらなるスパークも期待大!の画像をチェック! navigate_next

全神経を穂先に集中! 微細なアタリを逃さずキャッチしよう!

釣り上げたこの瞬間がたまらない!

仲良くダブルで記念撮影!

こちらはトリプル達成!

時合いはー日に何回かある。この時に手返し良く釣り数を伸ばそう!

初チャレンジの釣りガールは、基本の聞きアワセで良型を釣り上げた

女性アングラーもこの通り!

肝がのって美味そう!

下浦沖でマズマズのサイズのお土産をゲット。その後は、良型狙いで剣崎沖へ

根周りを攻めるのでゲストも多彩!

カサゴも釣れる

嬉しいゲストだ

カワハギ専用ロッドと小型両軸リール。幹糸は2号以下が基本

宿で購入できる自動ハリス止め式の胴付き3本仕掛けや「山下丸」オリジナル仕掛けで挑もう。オモリは25〜30号を用意

中オモリにもなる集寄やスカートが効果的な時もある

エサのアサリは、水管、ベロ、キモの順でハリに刺す

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」。

年間を通してカワハギを追う久比里「山下丸」へお邪魔してきた。

「正月明けにちょっと冷たい潮が入って、活性が落ちたけど、見ての通り、まだまだ久里浜〜下浦沖の25mダチに魚はワンサカいるよ。ただ最近は小振りが目立つんで、今日は沖まで探って行こうと思う」と山下司郎船長はアクティブに船を動かし、良型を導いた。

下げ潮に切り替わるタイミングで真冬のポイント・剣崎沖の深場へと移動。途中、何度か仕掛けを落とし様子を伺うも「まだ、群れが固まってないね。どのポイントでも、まずまずの型があがったけど、本来の姿じゃないから」と話し、続けて「でも、目途は立ったよね。魚は深場へ向かっている。これで固まれば、数も型も狙えるようになるからね」とニッコリ微笑んだ。

今後は、群れは固まるハズ。今期はカワハギの当たり年。つまり爆釣の兆しもアリアリ。

さぁ、みなさん、キモパンのカワハギ釣りを存分に楽しんじゃいましょう!

以上の記事は「つり丸」2014年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル