MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
厳寒期でも条件次第で好釣果が期待できる! マダイ仕掛け

厳寒期でも条件次第で好釣果が期待できる! マダイ仕掛け

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。

マダイ仕掛け。コマセは少量なのでビシもFLサイズ80号の小型

久里浜沖のマダイを狙うときのタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用の2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEラインの3〜4号を200m以上巻いておく。

そして仕掛けだが、近年は少量コマセで狙う船が多く、それにともなって使用ビシも小型化している。今回取材した「三喜丸」も少量コマセを推奨しており、乗船者の多くがFLサイズ80号のビシを使っていた。

ハリスは3〜4号、8m前後が齋田船長の推奨。「三喜丸」でのタナ取りは海面からおこなうので、ハリスは船長の推奨する長さを使用すること。指示ダナは反応の位置とハリスの長さを計算して決定される。そのため、ハリスは推奨する長さでないと付けエサがとんでもない位置を漂うので注意しよう。

コマセマダイの仕掛けにはバリエーションはいろいろあるが、2本バリ仕掛けが有効だ。2本バリ仕掛けの扱いに苦労しなければ、タナを探ることができるなど、いろいろな点で有効なのでオススメだ。

付けエサはオキアミ。エサ付けは、1匹のオキアミをハリの軸に対してまっすぐ刺すのが基本。このほか、アピール度をアップさせるために2匹付け(抱き合わせ)もOK。永井名人は2本バリ仕掛けの場合、上バリをオキアミの2匹付け、下バリを1匹付けで狙うことが多い。

東京湾口・久里浜沖 マダイ釣行レポート

目下のポイントは久里浜沖。当日は水深40m台を狙った

ポイントにはマダイの反応がバッチリ!

竿が三日月にしなる

チャンスタイムに手堅く本命ゲット!

この日は後半に食いがたち、誘い上げるとよくアタった!

当日は中小型が主体だった!

清水希香さんは、お腹がパンパンに膨れたマダイをゲット!

見事、良型のマダイを手中にした!

マダイだよ〜!

永井名人もきれいなマダイをゲット!

条件がいい日には数釣りが楽しめる!

マダイと思わせる引きはイラだった

エサ取りの正体はカワハギ!

これはウマヅラハギ

付けエサはオキアミ。2本バリ仕掛けも有効!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

高級魚の代表格で、おめでたい席に欠かせないのがマダイだ。東京湾の久里浜沖では昨年の秋から絶好調続き。連日、トップ2桁釣果が続いていた。1月中旬すぎから釣果は若干落ちてきたが、それでも条件のいい日には数釣りが楽しめている。

取材は1月中旬に小柴港「三喜丸」で敢行。「三喜丸」の齋田正道船長が選んだポイントは久里浜沖の水深40m前後だ。

「ここ数年、昔ほど水温が下がらないので、あまり深いところはやらなくなりましたね。このまま春まで、同じようなポイントを狙うことになりそうですよ」と話す齋田船長。

取材後もポイントには反応がバッチリあるという久里浜沖。マダイにスイッチが入ると突然バタバタと食い出すことも珍しくない。そんなチャンスタイムがきたときは、絶対に逃さないようにしよう!

「三喜丸」のマダイ釣り。海面からタナを取る意味を理解しよう

「三喜丸」でのタナ取りは海面からおこなう。最近では多くの船で、このタナ取りをおこなうようになってきている。海面からのタナ取りをおこなうなかで、一人でも海底からのタナ取り(ビシを海底まで落としてから、タナまでビシを巻き上げる)をおこなうと、船中で釣れなくなることもあるので注意しよう。

ビシを海底まで落とすと、その着底音などでマダイを驚かせてしまう。またエサ取りが多いときにビシを海底まで落としてからタナまで巻き上げると、エサ取りを浮かせやすくなってしまう。海面からのタナ取りでは、そんな海底からのタナ取りの欠点がないのだ。

海面からのタナ取り法は、上のイラストで示しているとおり。このとき、水深の確認は必ず道糸のマークを見ておこなうこと。リールのカウンターよりも道糸のマークのほうが正確だからだ。


「三喜丸」を含めた久里浜沖を狙う多くの船が、一つのポイント上に船を停め、船を旋回することなく粘って狙う。一日中ポイントを移動することなく、一つのポイントを狙うことも珍しくないのだ。

一つのポイントを長時間狙うときは、状況の変化が分かりやすい。エサ取りの有無、潮の速さ、潮の澄み具合など。これらの変化に注意しながら釣るようにしよう。

急にエサ取りがいなくなれば、近くに大きな魚がいる可能性が高い。また、潮流の速さや向きが変化する前後は食いが立つこともしばしば。このような状況変化があったときは、誘ったり、手返しを早めるなどしてチャンスをモノにしよう!

また、船中で連発している人がいれば、その人の釣り方を真似るのも手だ!

以上の記事は「つり丸」2015年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
最新記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル