MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。

ビシアジ・クロムツ・マダイ仕掛けについて。

「洋征丸」のアジ五目はアジ以外にもいろいろ狙えるが、とりあえずビシアジ用タックルがあれば、ビシアジも食わせサビキもマダイも根魚も狙える。

もしタックルを持っているのなら、食わせサビキや泳がせ釣りをするときの青物用タックルを別に用意するといいだろう。

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。

これにリールはパワーのある小型電動を組み合わせる。道糸はPE3〜5号を300m以上巻いておこう。
タックルを準備できるなら、食わせサビキや泳がせ釣りには食い込みがいいロッドがいいだろう。オモリ130号に対応した6対4〜7対3調子の青物用、落とし込み用など。長さは2.4〜3mぐらい。

アジを狙う時はイワシミンチをコマセに使う。一般的に「ビシアジ」と呼ばれるスタイルだ。
ビシは130号のオモリが付いたポリビシ。このほか130号のアンドンビシなどでもOK。

中型の片テンビンにビシを装着して、その先にクッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。

クッションゴムは1〜2㎜の30㎝前後。クッションを付けなくてもOKだが、ビギナーは付けたほうが、口切れなどのバラシが少なくなるだろう。

アジ用の仕掛けは、ハリス1.75〜2号の全長2m前後。ハリはムツの10号。ハリ数は2〜3本。

冬場は潮が澄む日が多くなるので、これより太いハリスを使うと食いが悪くなることもあるので注意しよう。

アジの付けエサは、船で支給されたアカタンが基本。このほかアオイソメも用意できれば万全だ。

アジの場所で、アジとは違う強い引きの魚が掛かったら、マダイの可能性が高い。船中でマダイのアタリが連発したり、マダイらしき反応が出たときは、ハリスを3〜4号に太くして狙ってみよう。マダイ狙いの付けエサは、小さくカットしたサバの切り身が実績が高い。

クロムツがまじる場所では、サバの切り身を付けエサにしてみよう。うまくすれば美味しいクロムツがアタる。

相模湾東部 アジ五目釣行レポート

飯田さんが食わせサビキで食わせた!

相模湾のビシアジは楽しみ方いろいろ! もちろんアジ専門で狙ってもおもしろい!!

良型アジのダブル!

ポイントによっては35㎝級主体に釣れる!

ワラサゲット!

食わせサビキでイナダが一荷だった!

高級魚クロムツもまじった!

アジ狙いのビシは130号。アジ仕掛けはハリス1.75~2号がオススメ

宿で支給される付けエサはアカタン。マダイやクロムツ狙いにはサバの切り身がオススメ(受付時に購入する)

食わせサビキは枝ス10号の8本バリ(船で購入可)。仕掛けの上にコマセカゴを付けて、オモリは130号

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川県・小坪「洋征丸」

小坪港「洋征丸」では、キハダ&カツオのシーズンが終了すると、アジ&マダイ五目に出船する。イワシミンチをコマセにアジを狙いながら、マダイも狙うというメニューだ。

ところが昨シーズンもそうであったが、水温が高いせいかイナダやワラサもアジのポイントに回遊。それも狙ってしまおうというのが、目下のメニューだ!

取材当日は小型のアジを追っているイナダとワラサ狙いからスタート。「食わせサビキ」と呼ばれる仕掛けを使うか、釣れたアジを泳がせて狙う。最終的には全員がイナダかワラサのどちらかをゲットした。

中盤は本命アジ狙い。城ケ島沖では良型アジが多く、サバの切り身エサにはクロムツもヒット。マダイの反応もあるので、こちらも楽しみ。

とにかくいろいろ狙えるのが「洋征丸」のアジ&マダイ五目だ!

釣り座のセッティング

釣時は、まず釣り座のセットが大事。上のイラストで示したように、ロッドキーパーの風下側にコマセオケを配置しよう。またコマセオケの位置が決められているようなら、その風上側にロッドキーパーをセットする。

スパンカー(帆)を張って船を潮流しにする場合は、ミヨシからトモに向かって風が吹いてくる。前述したようにロッドキーパーとコマセのオケをセットすると、仕掛けが竿の風下側になびくので、絡むことが少なくなるのだ。また、足元に置くバケツの位置にも注意しよう。

タナの取り方(タナが海底から5mの場合)

釣り方は(タナの取り方)は上のイラストで示したとおり。「洋征丸」の高木洋征船長は、丁寧にタナの取り方をアナウンスしてくれるので、それに従っておこなうようにしよう。取材当日は「海底から5m」という指示だったので、その場合を解説する。

まずビシを海底まで落とす。着底したら、すぐに糸フケを取り、3m巻き上げる。3m巻き上げたところで一回コマセをまく。そしてまた1m巻き上げて、コマセをまく。さらに1m巻き上げてコマセをまき、この位置(海底から5m)でアタリを待つ。1〜2分待ってアタらなければ、仕掛けを回収して再投入する。

タナ取りでの注意点は、狭い範囲でコマセを一気にまくこと。狭い範囲で濃いコマセの帯を作って、そこにアジを集中的に寄せるのだ。広い範囲にコマセをまいてしまうと、アジの食いダナが広くなって、食わせづらくなってしまう。

また仕掛けを入れっぱなしにしないことも大事。タナでアタリを待つのは1〜2分で手返しよく入れ替えよう。

食わせサビキの釣り方・泳がせ釣り

1月前半の時点でもイナダ、ワラサが釣れている。これらを狙うには食わせサビキがおもしろく、実績が高い。

「洋征丸」で使っている食わせサビキの仕掛けは、幹糸12号、枝ス10号。ハリは食わせ胴打の8号にサバ皮とハゲ皮を巻いたもので、ハリ数は8本。道糸の先にオモリなしのプラビシをつなぎ、その先に仕掛け、オモリの順につなぐ。オモリは130号を使用。

ビシにイワシミンチを7〜8分目ぐらい入れて投入する。オモリが着底したら、コマセをまきながら5〜6m巻き上げ、その位置でアジのアタリを待つ。アジが浮いて反応が高いときもあるので、その場合は船長の指示に従おう。

竿先がブルブル震えたら、アジが掛かった証拠。オモリをゆっくり着底させてから2m巻き上げ、その位置でイナダ、ワラサなどのアタリを待つのだ。

しばらく待つとアジの元気がなくなってくる。そうしたら仕掛けを回収して再投入しよう。アジが元気に暴れることが青物にアピールしてアタりやすくなるので、元気がないアジが付いたままアタリを待つのはオススメではない。

アタったら即アワセやビックリアワセは禁物。ハリが小さいのでスッポ抜けやすいからだ。巻き上げもドラグを効かせてゆっくりとおこなうこと。強引に巻き上げるとスッポ抜けるので注意しよう。

また釣れたアジをエサに泳がせ釣りでも狙える。オモリを海底から2〜3m巻き上げたタナでアタリを待つ。

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読