MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】

今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】

「こないだ石花海に群れが入ったから、その群れが波勝崎に回ってくるよ。かなり期待できると思うよ!」キハダのキャスティングゲーム、同船取材を打診した時の回答だ。言葉の主は弓ヶ浜「恵丸」の良川福一船長。行けば必ずお目にかかれるとは限らないキハダだが、船長の鼻息の荒さに期待して出かけてみた。

perm_media 《画像ギャラリー》今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】の画像をチェック! navigate_next

キハダの魅力はアングラーを捉えて離さず、虜にしてしまう

ベタ凪ぎの海でキハダ探索。凪ぎは吉と出るか、それとも否か?

気配が薄くとも、誘い出しを試みるパターンもあり。

ロッドを大きく曲げこむ、この走りがキハダの魅力。落ち着いてファイトすれば体力消耗も少ない。

15kg前後といったところだろうか? キハダとしては小型だが、嬉しい1本。アングラーは伊勢崎市の松本暁さん。

26㎏。石花海でヒット!

28㎏。これも石花海でキャッチ!

偶然同船したシマノインストラクター、新保明弘さんの使用ルアー。フローティング&シンキング、各タイプ、サイズを取り揃え、万全の装備だ。

新保さん、おすすめタックル。ヘビーとライトの2セットは必須だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

取材時はベタ凪ぎに恵まれた。未明に港を離れた船は、海面を滑るように南下した。走って、走って、走り回る! ウミドリの気配も、キハダの姿もない。ギャンブルのような釣りだけに、船上の全員が覚悟のうえだが、やはりキャストチャンスがないのは堪える。
早朝は全員が目を皿のように探し回っていたが、寝不足もあってか、アングラーがひとり、またひとりと横たわっていく。辛抱の時間だ。
「98パーセント諦めていたよ」
と船長が後で語った、ストップフィッシング30分前。いきなり海面が割れた。何回かのトライで3人同時にヒット! 静から動への180度の方向転換。これがキハダゲームの醍醐味だ。
ネットに収まったのは残念ながら1匹だけ。幸運の女神は、通い込んだ末のキャッチという、伊勢崎市の松本暁さんに微笑んだ。
キハダの魅力はアングラーを捉えて離さず、虜にしてしまう。南伊豆沖のキハダゲーム、シーズンはまだまだ続く!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル