MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】

今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】

「こないだ石花海に群れが入ったから、その群れが波勝崎に回ってくるよ。かなり期待できると思うよ!」キハダのキャスティングゲーム、同船取材を打診した時の回答だ。言葉の主は弓ヶ浜「恵丸」の良川福一船長。行けば必ずお目にかかれるとは限らないキハダだが、船長の鼻息の荒さに期待して出かけてみた。

キハダの魅力はアングラーを捉えて離さず、虜にしてしまう

ベタ凪ぎの海でキハダ探索。凪ぎは吉と出るか、それとも否か?

気配が薄くとも、誘い出しを試みるパターンもあり。

ロッドを大きく曲げこむ、この走りがキハダの魅力。落ち着いてファイトすれば体力消耗も少ない。

15kg前後といったところだろうか? キハダとしては小型だが、嬉しい1本。アングラーは伊勢崎市の松本暁さん。

26㎏。石花海でヒット!

28㎏。これも石花海でキャッチ!

偶然同船したシマノインストラクター、新保明弘さんの使用ルアー。フローティング&シンキング、各タイプ、サイズを取り揃え、万全の装備だ。

新保さん、おすすめタックル。ヘビーとライトの2セットは必須だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

取材時はベタ凪ぎに恵まれた。未明に港を離れた船は、海面を滑るように南下した。走って、走って、走り回る! ウミドリの気配も、キハダの姿もない。ギャンブルのような釣りだけに、船上の全員が覚悟のうえだが、やはりキャストチャンスがないのは堪える。
早朝は全員が目を皿のように探し回っていたが、寝不足もあってか、アングラーがひとり、またひとりと横たわっていく。辛抱の時間だ。
「98パーセント諦めていたよ」
と船長が後で語った、ストップフィッシング30分前。いきなり海面が割れた。何回かのトライで3人同時にヒット! 静から動への180度の方向転換。これがキハダゲームの醍醐味だ。
ネットに収まったのは残念ながら1匹だけ。幸運の女神は、通い込んだ末のキャッチという、伊勢崎市の松本暁さんに微笑んだ。
キハダの魅力はアングラーを捉えて離さず、虜にしてしまう。南伊豆沖のキハダゲーム、シーズンはまだまだ続く!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
素早いフォールとスライドアクションを両立するリアバランスロングジグ「RBナガマサ」
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読