MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】

今期も大型キハダ襲来! キャスティングゲームで迎撃!!【南伊豆沖】

「こないだ石花海に群れが入ったから、その群れが波勝崎に回ってくるよ。かなり期待できると思うよ!」キハダのキャスティングゲーム、同船取材を打診した時の回答だ。言葉の主は弓ヶ浜「恵丸」の良川福一船長。行けば必ずお目にかかれるとは限らないキハダだが、船長の鼻息の荒さに期待して出かけてみた。

キハダの魅力はアングラーを捉えて離さず、虜にしてしまう

ベタ凪ぎの海でキハダ探索。凪ぎは吉と出るか、それとも否か?

気配が薄くとも、誘い出しを試みるパターンもあり。

ロッドを大きく曲げこむ、この走りがキハダの魅力。落ち着いてファイトすれば体力消耗も少ない。

15kg前後といったところだろうか? キハダとしては小型だが、嬉しい1本。アングラーは伊勢崎市の松本暁さん。

26㎏。石花海でヒット!

28㎏。これも石花海でキャッチ!

偶然同船したシマノインストラクター、新保明弘さんの使用ルアー。フローティング&シンキング、各タイプ、サイズを取り揃え、万全の装備だ。

新保さん、おすすめタックル。ヘビーとライトの2セットは必須だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

取材時はベタ凪ぎに恵まれた。未明に港を離れた船は、海面を滑るように南下した。走って、走って、走り回る! ウミドリの気配も、キハダの姿もない。ギャンブルのような釣りだけに、船上の全員が覚悟のうえだが、やはりキャストチャンスがないのは堪える。
早朝は全員が目を皿のように探し回っていたが、寝不足もあってか、アングラーがひとり、またひとりと横たわっていく。辛抱の時間だ。
「98パーセント諦めていたよ」
と船長が後で語った、ストップフィッシング30分前。いきなり海面が割れた。何回かのトライで3人同時にヒット! 静から動への180度の方向転換。これがキハダゲームの醍醐味だ。
ネットに収まったのは残念ながら1匹だけ。幸運の女神は、通い込んだ末のキャッチという、伊勢崎市の松本暁さんに微笑んだ。
キハダの魅力はアングラーを捉えて離さず、虜にしてしまう。南伊豆沖のキハダゲーム、シーズンはまだまだ続く!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読