MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アベレージは30cm越え! 片貝沖のハナダイ五目へ急行せよ!

アベレージは30cm越え! 片貝沖のハナダイ五目へ急行せよ!

片貝旧港「二三丸」のハナダイ五目船で釣れるハナダイがとにかく良型。取材日は、大量のセグロイワシの襲撃に合い苦戦。それでもトップは24枚。取材をしながら釣りをする取材者の釣果でも18枚という釣れっぷり。

良型ハナダイを釣るなら水温が下がらない今がまさにチャンス!

片貝沖にはハナダイのポイントが多数ある!

何が掛かったかな?

ハナダイは良型主体

良型の一荷もある!

サイズよし! 型よし!

この時期のハナダイは釣趣も食味も大満足だ

嬉しい一匹

尾ビレの縁が黒いのはマダイ

これはマトウダイ

ハナダイ仕掛けにイワシが掛かって、それにヒラメが食ってきた!

「二三丸」のハナダイ仕掛けはカラーバリ仕様。これに付けエサのオキアミを併用する!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

片貝沖のハナダイのサイズは小さくても25㎝前後。大きいものは35㎝だった。その35㎝クラスも一枚や二枚じゃない。アベレージでも30㎝を超えただろう。そんなサイズが数釣れたのだから、取材者が持参した25ℓのクーラーボックスは、氷を入れて満タンという状態になったのだった。

取材当日のゲストはマダイにマトウダイ。それに、ハナダイ仕掛けに掛かったイワシに食らいついた約2㎏のヒラメ。これらのほかにも、取材日には珍しく顔を見せなかったアジやサバはもちろん、最近でイナダが釣れた日もあったとのこと。日によって多彩なゲストが顔を出すのだ。

ともあれ、本命ハナダイのサイズがこれだけ良ければ、釣趣も食味も大満足だ!

「水温が下がらないうちに来たほうがいいですよ!」とは「二三丸」の小倉忠船長。良型ハナダイを釣るには、まさに今がチャンス! 片貝旧港「二三丸」へ急行せよ!!

以上の記事は「つり丸」2015年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読