MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
重量感たっぷり! 餌食シャクリで狙うアオリ・スミイカ

重量感たっぷり! 餌食シャクリで狙うアオリ・スミイカ

シャクった竿先にズシン! 餌木イカ釣りの面白さはこの瞬間。釣り人の竿は大きく曲げられている。ときおりグイグイと引っ張るのがアオリイカの特徴。オレンジの餌木を抱いて取り込まれたイカは800gの良型!

シーズン終盤は大型の期待も高まる! 早めに釣行予約をしよう!

シャクリが肝心!

この時期の餌木シャクリは大型アオリの期待十分! 1〜2㎏クラスも出るぞ

この日は600〜800gクラスだったが、キロオーバーの期待も十分

食味も抜群!

今はアオリ、スミ、モンゴウとターゲットすべてが大型主体。ズシン! と重量感たっぷりの乗りが楽しい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

鴨居「きよし丸」の餌木イカ乗合ではアオリイカとスミイカを狙う。アオリイカもスミイカも型が良いので、一杯でもお土産になる。1月8日にはアオリイカがトップで10杯の好釣果も出た。今シーズンはまだ大型がまじってこないが、例年ならこれからキロオーバーが顔を出す時期だ。

「きよし丸」ではアオリもスミイカも同サイズの餌木で狙うのが一般的で、4号の餌木に抱きつくスミイカは500g以上の大型が揃う。11月から始まった餌木イカシーズンもそろそろ終盤に近づく。シーズン終盤は大型の期待も高まる。ぜひ早めの釣行をお勧めしたい。

以上の記事は「つり丸」2015年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
飯岡のシロギスは震災以来、かつての大釣りは影を潜めてしまっていたが、昨年頃から魚影復活の兆しがあり、今シーズンは爆発釣果が連発!ビギナーでも十分楽しめるので、夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ!
更新: 2019-08-13 07:00:00
最新記事
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読