MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋カワハギはこう楽しめ! 腰越沖編【相模湾・腰越沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 腰越沖編【相模湾・腰越沖】

さあ、カワハギベストシーズン到来! 秋は夏と同様大型が多く、とくに30㎝を超える“デカハギ”を獲るチャンス! そして、今年は各エリアともワッペンの出現も早いようで、すばしっこいワッペンを釣るのは非常にテクニカル。これが最高におもしろい! 秋のカワハギ釣りは「大型狙い」&「テクニカルワッペン」で楽しめ!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

〝デカハギ〟そして 〝ワッペン〟とは?

肝醤油で食べるカワハギの刺身は最高に美味!

思わず「かわいい!」と声が出てしまうワッペンくん。これを狙って釣るのが難しいんです。

秋、船上の気温は非常に快適だが、カワハギにとって、つまり海の中はまだ夏から初秋の水温帯である。とくに今年は水温が高いので、おそらく群れが固まるのは10月を過ぎてからではないだろうか?
さて、夏と同様、秋も大型カワハギが狙える時期である。
カワハギはおおよそ25㎝を超えると〝大型〟と呼ばれるようになるが、30㎝ぐらいの大型カワハギのことを特別に〝デカハギ〟と呼ぶこともある。そして、それ以上の「尺」を超えるカワハギは特別に〝尺ハギ〟と呼ぶ。尺は30・5㎝。つまり30㎝は〝泣き尺〟である。とはいえ、現場では「大型」「デカ」「尺」と厳密に呼び分けることは少なく、31㎝のデカハギ、27㎝の大型がそろった、32㎝のデカハギというように、その時々でいい回しは変わる。
一方で、その対極にある〝ワッペン〟は小型のカワハギの総称である。一般的には12㎝以下をワッペンと呼ぶ。
いずれにせよ、明らかに30㎝を超えそうなカワハギ以外は釣れたらその都度全長を測ることはあまりしないので、呼び方についてはおおよそ感じでよいのではないかな…?

魚の隠れ処・名物カジメ林の生育良好だ! 良型はもちろん早くもワッペン登場。これはテクニカルでおもしろい!!

ポイントは港を出てすぐの腰越沖(江の島周辺)から鎌倉沖など。今年はカジメの生育が良好とのこと。これは楽しみだ!

当日は30cm前後のデカハギは顔を出さなかったものの、25cmオーバーの良型は次々ヒットした。魚影は濃いぞ!

綺麗なカワハギ! 肝もたっぷり詰まってそうだ。

ダブルヒット!

連続ヒット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「多希志丸」。

相模湾中央部でもいよいよカワハギシーズンが開幕した。ここは名物というべきカジメ林があり、カワハギなど多くの魚たちの絶好の隠れ処となっている。だから魚影は濃いし、ポイントは主にそのカジメ林と根周りなので、攻略し甲斐がある。しかも今年は、高海水温の影響かワッペンの出現が例年より早く、取材当日は予想外の展開に一喜一憂。開幕早々からかなりテクニカルな釣りとなっている。
もちろん、秋はデカハギ狙いのチャンス! 取材日は30㎝級こそ出なかったものの、良型~25㎝オーバーの大型多数。しかもトップ30枚!
「今年はカジメの生育はいいです。海底から1mぐらいの高さで生えています。魚はたくさんいますので、これが固まれば面白いですよ」と鈴木昌則船長。
ワッペンを狙って釣るもよし、ワッペンをかわしてデカハギ狙いに徹するもよし。いろんな楽しみ方ができるのが、今年の腰越沖だ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル