MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
産卵を終えた良型シーバスが荒食い中! ジギング最高釣だ!

産卵を終えた良型シーバスが荒食い中! ジギング最高釣だ!

「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

大型シーバス特有の大きな首振りファイトをジギングで楽しもう!

オープンエリアでも群れ固まば、船団が形成される

竿がしなる

良型連発! 潮の流れがよければ、シーバス入れ食い!

豪快抜き上げOK!

この71㎝の大型を釣った椙尾さんは、「底近く、3mくらいの間をネチネチと攻めました。5回くらいシャクリを入れて、落とし直したときに、スッとラインが走った感じです」と話す

ダブルヒット! 高活性の個体を狙い撃て!

銀ピカのフレッシュな個体だ

産卵を終えた個体が湾内のベイトを追っている。大型が突如としてヒットするので最後まであきらめずに根気よくジグを操作しよう

ジギングはベイトタックルが使いやすい

このサイズがアベレージだ

こんな珍客も…

いまや貴重になった東京湾のアイナメ

テールにトレブル、フロントにシングルフックがオススメ

大事なジグのカラーとフックセッティング

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

長崎屋のシーバスシーズンは例年12月から翌年の4月まで。ジギングゲームに集中して出船していくのが特長のひとつだ。

80㎝オーバーもキャッチされている! との知らせもあって、繰り出した実釣取材でも、終日ジギングゲームが展開された。「長崎屋」では8時から15時を目安に釣りが楽しめる。つまり、一回の出船で上げ潮下げ潮のいずれの釣りも楽しめるのが強みだ。

この日も前半戦の下げ潮は小型ばかりだったが、後半戦の上げ潮が効き出してからは、次第にサイズアップ! 80㎝までは届かなかったが、最大で73㎝も登場。好調の今期にしては、数、型ともに目立った日ではなかったが、それでも乗船者全員が心地よい疲労感を堪能できたはずだ。

産卵を終えたビッグサイズが、積極的に口を使い出している、という印象だ。大型シーバス特有の大きな首振りファイトをジギングゲームで味わいたい! そんな人は、早めに東京湾へ繰り出したほうがよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2014年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル