MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒さに負けない安定ターゲット! 東京湾の絶品イシモチ釣り

寒さに負けない安定ターゲット! 東京湾の絶品イシモチ釣り

いまやイシモチは東京湾で最も安定した釣りものかもしれない。周年イシモチ乗合を出している金沢八景の「小柴丸」では、真冬の寒さにも関わらずトップ50匹前後の釣果が続いており、アジやカサゴもまじる。

ガツガツッと派手なアタリと気持ちいい引きを楽しませてくれる!

「小柴丸」は、このところ水深30m前後中心に狙っている

イシモチは東京湾で最も安定した釣りものかもしれない。良型主体に数釣りできる。トップ50匹もあるぞ!

LTロッドなどに小型両軸リールと、ライトに楽しめるのがいい

仲間や家族、大勢で楽しむにもおすすめのターゲットだ

アジとイシモチの一荷。アジのまじりも多い

まじりでアナゴが出た〜

こちらは定番ゲストのカサゴ

船長が血抜きのやり方をレクチャー中。必ず血抜きして持ち帰ろう。味が違う!

道糸はPEラインでもいいが、ナイロンラインやフロロカーボンを使うと食い込みがいい

エサはアオイソメの1匹掛け

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

この日もイシモチはコンスタントにアタリを送ってきてくれた。丁寧に血抜きをしてクーラーにしまいながら、のんびり釣っていてもアタリは途切れず、クーラーは埋まっていく。

この釣りの竿は軟らかいほど楽しい。食い込みが良いメリットだけでなく、アタリが竿先に派手にでること、竿が満月に絞り込まれること、それによって「小さな大物釣り」が楽しめるからだ。LTゲームロッドやメバル竿など胴調子の竿で楽しみたい。

鈴木仁船長はイシモチを釣らせるスペシャリストだが、料理法についても詳しい。季節によって最適なイシモチ料理を教えてくれるので、乗船の際は遠慮なく聞いてみよう。真冬のイシモチは特に脂の乗りが抜群で、刺身は甘く美味。焼くと皮目から脂がしたたり落ちて煙が上がるほどだ。きちんと血抜きして釣ったその日に食べるイシモチの旨さは、店に並ぶ網に入った魚とは一線を画す。これを一度味わうとイシモチを見る目が変わります!

以上の記事は「つり丸」2014年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読