MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
憧れの提灯行列連発! テクニック必須の数釣り深海アコウダイ

憧れの提灯行列連発! テクニック必須の数釣り深海アコウダイ

片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!

perm_media 《画像ギャラリー》憧れの提灯行列連発! テクニック必須の数釣り深海アコウダイの画像をチェック! navigate_next

深海をイメージしながら釣るのが面白い! そしてなんとも美味!

ポイントまでは航程1時間40分ほど。片舷流しで狙う!

竿は500号のオモリに対応できるもの。リールはPEライン12号を1000m以上巻いておくこと

これが噂の提灯行列だ!

ズラズラズラ〜

6点掛け達成!

このサイズなら3匹でもかなり重い!

鍋やシャブシャブなどが美味しいアコウダイ!

こちらはメダイまじり!

足元に良型アコウダイが次々にたまる!

もう大満足!

美味しいキンメダイもまじる!

ハリ数は15本まで。付けエサはイカのタンザク

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

当日はこのほかにメダイ多数にキンメダイといった深場ならではの美味しいゲストたちがまじった。大型クーラーが皆さん満タンとなっての帰港となった。

アコウダイの隠れ家は、起伏の激しい岩礁域。そのため、カケ上がりやカケ下がるポイントが多い。オモリが海底をトン、トンと叩くように狙うのが釣り方の基本。そして、マメにタナを取り直すことも重要だ。

「イメージが大事だよ。海の中がどうなっているのか想像を膨らますんだ」とは「正一丸」の海老原正船長。様々な変化はオモリによって伝達される。それによって状況を推測して、仕掛けをいかに操るかが釣り人の腕の見せどころだ。

見た目と違って意外とテクニカルな深海のアコウダイ釣り。ハマる人も珍しくないので、一度チャレンジしてみてはいかがだろうか!?

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル