MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
憧れの提灯行列連発! テクニック必須の数釣り深海アコウダイ

憧れの提灯行列連発! テクニック必須の数釣り深海アコウダイ

片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

深海をイメージしながら釣るのが面白い! そしてなんとも美味!

ポイントまでは航程1時間40分ほど。片舷流しで狙う!

竿は500号のオモリに対応できるもの。リールはPEライン12号を1000m以上巻いておくこと

これが噂の提灯行列だ!

ズラズラズラ〜

6点掛け達成!

このサイズなら3匹でもかなり重い!

鍋やシャブシャブなどが美味しいアコウダイ!

こちらはメダイまじり!

足元に良型アコウダイが次々にたまる!

もう大満足!

美味しいキンメダイもまじる!

ハリ数は15本まで。付けエサはイカのタンザク

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

当日はこのほかにメダイ多数にキンメダイといった深場ならではの美味しいゲストたちがまじった。大型クーラーが皆さん満タンとなっての帰港となった。

アコウダイの隠れ家は、起伏の激しい岩礁域。そのため、カケ上がりやカケ下がるポイントが多い。オモリが海底をトン、トンと叩くように狙うのが釣り方の基本。そして、マメにタナを取り直すことも重要だ。

「イメージが大事だよ。海の中がどうなっているのか想像を膨らますんだ」とは「正一丸」の海老原正船長。様々な変化はオモリによって伝達される。それによって状況を推測して、仕掛けをいかに操るかが釣り人の腕の見せどころだ。

見た目と違って意外とテクニカルな深海のアコウダイ釣り。ハマる人も珍しくないので、一度チャレンジしてみてはいかがだろうか!?

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル