MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】

カワハギの人気エリア、三浦半島先端部でも順調なスタートを切った。小網代港「丸十丸」では、トップ20枚前後、いい日で40枚前後と、安定感のある釣りを展開している。

perm_media 《画像ギャラリー》秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】の画像をチェック! navigate_next

良型主体の釣りを展開中! 回遊するカワハギをうまく狙い撃て! 予想以上の数釣りも可能だ

宿の看板娘、小菅綾香チャンは腕をますます上げていた。「40枚の日もありましたが、だいたいトップ20枚前後釣れています」。

この時期は、エサ取りのアタリが多い。まずはすべてアワせてみて、何のアタリだったのかを確認していこう。

同じスタイル、同じペースで淡々と釣っていく綾香チャン。自分のスタイルを確立すると強いぞ。

ポイントは小網代〜三戸浜沖にかけて。いずれも近場で、水深は20m前後。

この日、久しぶりのカワハギ釣りを楽しんだ北本茂照さん。「今シーズンから真剣にやりますよ!」。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代港「丸十丸」。

「まだ、魚が動き回っちゃってるから、1カ所でバタバタという感じじゃないけど、まずまずいるよね。良型がそろっていますよ」と小菅裕二船長は言う。
この日は、港口を出てすぐの小網代沖から三戸浜沖へ。潮がほとんど流れず船で引っ張るような状態だったが、誰かがひとり掛けると、ほかの人にも本命がやってくるという展開。誰かがベラだとほかもベラ、ひとりがカゴカキダイだとほかもカゴカゴカキダイという感じで、魚の回遊を待つような釣りだが、エサの追いは上々だ。
「まだ、ワッペンサイズはほとんどいません。エサ取りのアタリが多いですが、その中でカワハギのアタリを見つけていく楽しみがあります」とは、雄二船長の長女、小菅綾香チャン。
水温も徐々に下がり、いよいよ本番を迎える。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル