MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 小網代沖編【三浦半島・小網代沖】

カワハギの人気エリア、三浦半島先端部でも順調なスタートを切った。小網代港「丸十丸」では、トップ20枚前後、いい日で40枚前後と、安定感のある釣りを展開している。

良型主体の釣りを展開中! 回遊するカワハギをうまく狙い撃て! 予想以上の数釣りも可能だ

宿の看板娘、小菅綾香チャンは腕をますます上げていた。「40枚の日もありましたが、だいたいトップ20枚前後釣れています」。

この時期は、エサ取りのアタリが多い。まずはすべてアワせてみて、何のアタリだったのかを確認していこう。

同じスタイル、同じペースで淡々と釣っていく綾香チャン。自分のスタイルを確立すると強いぞ。

ポイントは小網代〜三戸浜沖にかけて。いずれも近場で、水深は20m前後。

この日、久しぶりのカワハギ釣りを楽しんだ北本茂照さん。「今シーズンから真剣にやりますよ!」。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代港「丸十丸」。

「まだ、魚が動き回っちゃってるから、1カ所でバタバタという感じじゃないけど、まずまずいるよね。良型がそろっていますよ」と小菅裕二船長は言う。
この日は、港口を出てすぐの小網代沖から三戸浜沖へ。潮がほとんど流れず船で引っ張るような状態だったが、誰かがひとり掛けると、ほかの人にも本命がやってくるという展開。誰かがベラだとほかもベラ、ひとりがカゴカキダイだとほかもカゴカゴカキダイという感じで、魚の回遊を待つような釣りだが、エサの追いは上々だ。
「まだ、ワッペンサイズはほとんどいません。エサ取りのアタリが多いですが、その中でカワハギのアタリを見つけていく楽しみがあります」とは、雄二船長の長女、小菅綾香チャン。
水温も徐々に下がり、いよいよ本番を迎える。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
最新記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
JGFA沖釣りサーキット2019 第4戦 アマダイ大会12月15日に開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読