MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いはキッパリ50cmオーバー!アマダイ仕掛けをイラストでご紹介

狙いはキッパリ50cmオーバー!アマダイ仕掛けをイラストでご紹介

「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

一般的な仕掛けと「山天丸」のアマダイ仕掛け。2種類を使い分け!

ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。船長の釣り方にマッチした仕掛けは、先バリのハリスの中央付近にサルカンと大き目のガン玉が装着されており、縦の誘いを意識した仕掛けなのだという。

エサはオキアミ。こちらはエサが回転しないようにハリがまっすぐになるようにていねいに付けよう。

「山天丸」のアマダイは、ノーマル、LTどちらもOKだ。ノーマルの場合はオモリ80号、LTの場合は50~60号を使用する。竿はぞれぞれに適した1.8~2mほどのゲームロッドを使用する。細かい誘いやアタリを察知していくので7対3調子から8対2調子の操作性のいい竿を選びたい。

リールは小型電動リールを。水深が100m前後メインと深いので電動が便利だ。道糸はノーマルならPE3~4号、LTなら1~2号。

仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。

「ウチは2種類の仕掛けを用意しています。1つはいわゆる普通の2本バリ。もうひとつは私の釣り方に合った仕掛けで、少し重くしてあるものです。こちらは私の釣り方専用の仕掛けといった感じです」

「山天丸」の多くの常連さんは「雄二船長の釣り方と仕掛けでやっている」と声をそろえる。それが攻略のカギだとこの日、乗り合わせた常連さんはみな言う。

東京湾口・剣崎沖 アマダイ釣行レポート

ポイントは剣崎沖。「毎日違うポイントを狙っています」と臼井船長

水深は100m前後が多いので小型電動があるといい

ライトタックルをきれいに曲げる

大型は必ずタモ入れを。それにしてもぶっとい魚体だ

「これはかなり大きい引きですよ」と上がってきたのは当日最大の49cmだった。「船長の言う通りにやれば釣れますよ」

美しい魚体の47㎝。「50㎝まであとちょっとですね」

この日は正午過ぎてから大型が連発した

「40㎝オーバーが2匹釣れました」

「ここのアマダイはハマる人が多いですよ」

大型を釣るとすぐに船長が計測してくれる

ゲストにオニカサゴ

マトウダイも釣れた

船長の釣り方には縦の釣りを意識したこの仕掛けがマッチ

エサはオキアミ。1匹を丁寧につけよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸」。

今、東京湾口エリアで静かに熱い、いやかなり熱い釣りがある。それがこのアマダイだ。アマダイ釣りというと何となくその風貌からか癒しの釣りとも思えるが、どっこい、エキサイティングかつスリルに溢れたターゲットになっている。

「毎日のように50㎝オーバーが出ています。12月になって特に増えていますし、今年はかなり大型が多いですよ」と久比里「山天丸」の臼井雄二船長は言う。50㎝というと重量で1.5㎏前後。

ライト系のタックルを強烈に絞り込む。大型の引きは信じられないほど強く、一度この大型を釣るとハマる人が多いのだという。

「船長の言う通りにやれば釣れるよ」と、多くの常連さんが声を揃えるように、臼井雄二船長に基本の釣り方を教わるのが好釣への早道だ。

この釣り方でいい思いをされている人が多いです」と船長。

50㎝は夢じゃなくて意外と現実的。この冬ハマりたい釣りだ!

①アマダイの釣り方(通常編)

通常の仕掛けを使った場合は、ノーマルな釣り方で狙う。水深は100m前後メインに狙う。オモリが着底したら、オモリで海底をトン、トン、トンと3回ほどたたくようにして、1m上げて待つ。タナは1mを基本にゲストの顔を見て微調整していく。

誘いは、エサがふわりと浮き上がり、自然な感じで海底まで落ちていくのをイメージして行う。このとき、落ちてきたエサがアマダイの顔の前に落ちれば食ってくる。

エサが落ちていく動きを演出したら少しアタリを待って、アタリがなければ再び誘う。底を取り直して、この動作を繰り返す。何かしらアタリがあったら、竿を持ち上げるようにしてアワセを入れる。ここで何かが掛かれば竿先がクックックと入り込む。アマダイの場合は、これがギューンギューンと強い引き込みを見せてくれる。これがエサ取りの魚だと、プルプルやフワフわだったりと力強さに欠けるので判別できる。

タナを1m基準にして、トラギスやガンゾウビラメなど底べったりの魚ばかり掛かるようならタナを少し上げてみる。現在、狙っている場所で多いのは小型のキダイだ。キダイはタナが高いと掛かってくることが多いが、キダイとトラギスの間に仕掛けがくるようなイメージでタナの調整を行う。潮が速い場合や底の魚が掛かってこないときは仕掛けが浮き上がっている場合がある。こんなときはガン玉を打って仕掛けを安定させてやる。

いずれの場合も、どんなアタリも見逃さずにアワセを入れていく。アタリがなくなったらすぐに回収してエサのチェックをする。ほとんどアタリが出なくてもエサを取られていることがあるので、マメに手返しを行うのが重要だ。

一番の基本は「エサがあること」。エサが付いていない状態で仕掛けが海中にあるのをいかに減らせるかで釣果が変わってくる。

②山天丸・臼井雄二船長のアマダイの釣り方

「山天丸」の臼井雄二船長はテクニカルな釣りが得意な船長で、とてもていねいに優しく教えてくれる。そんな船長が推奨するのが以下の釣り方だ。ただし、この釣り方の場合は、仕掛けも2つ目の仕掛けを使用すること。

着底したら最初に3回底をたたくのは同じ。

「たたくというと難しく感じますが、オモリをストン、ストンと落とすだけでいいんです。まず最初にこの動作をします」

その後にすぐに1m上げる。

「オモリをつけっぱなしにするとオマツリするので、3回たたいたらすぐに1m上げます。ここでいきなり食ってくることが多いので、タナをセットしたら最初は少し待ってやります。食う間を与えてやるといいですよ」
ここで10秒待ち、次に誘いの動作に入る。

「竿を持ち上げるように10回誘いを入れます。動かしている最中にアタリが出ることもありますが、誘ったらやはり竿を止めてアタリが出やすくしてやります」

先バリのハリスの中間付近にあるサルカンとガン玉が支点となってエサが上下に動くというイメージだ。

そして待って食わなければ再度、着底させ、同じようにたたき、誘いの動作に入っていく。これの繰り返しでアタリを出していく。

もちろん、アタリが出たらアワセを入れて掛けてやる。また、タナは上下で微調整してやろう。

「誘いは、このほかに50㎝くらいの幅で少し早めにエサが動くようにシャクるのも効果がありますよ」

この日は多くの常連さんが乗船していたが、釣り方をたずねるとみなさん「船長の釣り方で」というこたえが返ってきた。慣れていない人や、船長の釣り方をマスターしたいという人は、出船前にどんどん聞いてみよう。

注意点。マジでデカイのがいるので巻き上げ時は注意しよう!

この日は2隻出て50㎝オーバーが3匹、49㎝も2匹出た。重量は1.5㎏前後ある。このサイズのアマダイはハンパない引きを見せてくれる。そしてハリスは3号。無理な引っ張り合いっこをすればいとも簡単にハリスは切れてしまう。

一番気をつけなくてはならないのが、掛けてからすぐに電動で巻いてしまうことだ。

「ドラグを締めていて、いきなりスピードで巻き上げると簡単に切られますよ。デカイのが出るのがわかっていますから、最初にアマダイだと思ったら20mくらいは手巻きで巻いて、大きさを確認してください」

アマダイは中間、上層部でも強い引きを見せてくれる。こんなときは竿を下げるなどして、引っ張り合いっこにならないようにしてあげてこよう。

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル