MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
厳寒期は大型の期待も高まる! 沖の根周りで釣るテンヤマダイ

厳寒期は大型の期待も高まる! 沖の根周りで釣るテンヤマダイ

これから水温が最も低下する厳寒期に突入する。多くのエリアではマダイを釣るには厳しい時期になるが、外房・大原沖のテンヤマダイはまさにこの厳寒期こそ、大型に期待ができるおもしろい時期なのだ!

沖の根周りだけではなく、これからはイワシ狙いも期待できるぞ!

日の出直後の朝マヅメから釣りを開始!

吉田さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれた!

大ダイの取り込み! 緊張する瞬間だ!

ノリーズプロスタッフ・吉田裕樹さんが釣り上げたマダイは船上計測で約10ポンド。4kgオーバーだ!

ノリーズプロスタッフの榎戸富さんも良型を浮上させた!

榎戸さんが釣り上げた船中ファーストヒットのマダイ!

エコギアの関口さんも良型マダイを取り込んだ

船長の息子さんは、見事な竿さばきで小型ではあるがマダイを釣り上げた!

大健闘!

マハタも釣れた

「広布号」で支給されるエビ。このほかワームの使用もアリだ!

エサ付けは写真を参考に

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「広布号」。

「まだ水温が高いですから、沖のポイント(根周り)も期待できますよ。そして、これから楽しみなのはイワシに付いたマダイ狙いですね! もうイワシの反応もちらほら見えるので、じっくり狙ってみてもおもしろそうです」と話すのは大原港「広布号」の野島幸一船長。

取材当日は沖の根周りを狙ったところ、4㎏オーバーをはじめとして1~2㎏の中型が連発。大型、良型と思われるバラシもあって、今後も期待がもてる結果となった。

また今回の取材では狙わなかったが、イワシ狙いは大型マダイがそろうので、こちらもエキサイティング。

厳寒期の大原沖は熱いぞ!

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00
相模湾、秋の「青物」釣りはキハダのブレイクで、影が薄いが、どっこいイナダも元気いっぱい!バツグンな引きで楽しませてくれている。イナダ乗合で出船している片瀬港「島きち丸」では8月中にトップ80匹といった大釣りも記録。今後も楽しみだ。
更新: 2019-09-17 21:46:58
最新記事
細身軽量のパワーロッド登場!シマノ「バンディッド アオモノ」
更新: 2019-09-18 12:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
ハヤブサ60周年記念インスタフォトコンキャンペーン10月31日まで開催 参加者募集
更新: 2019-09-17 12:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読