MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で「ドスン!」が超力イカン! 東京湾のスミイカ釣り

浅場で「ドスン!」が超力イカン! 東京湾のスミイカ釣り

今年のスミイカは開幕早々の良型ラッシュで始まった。小柴港「三喜丸」はスミイカ釣りの老舗。同港の職漁船が獲ってきた地元の生きシャコを使うテンヤ釣りは、江戸前の風情と近代的な釣趣を合わせ持つ釣りだ。

シーズン終盤も浅場で大型チャンス! 深場ではさらなる巨大化も…

真冬の東京湾でのスミイカ釣り。例年なら40m以上の深場で釣れる時期だが、今シーズンは10m前後で釣れることも。乗った時の重量感がスゴイ!

専用のスミイカ竿をシャクリ、落とし、待つ。この動作のスピードや間を調整し、イカの乗る誘いを見つけてゆく

今シ―ズンは12月も浅場で釣れ続いていた東京湾のスミイカ。浅場で大型が乗ったときは、マジで気持ちい!

釣趣バツグンのテンヤスミイカ。その上食べても最高に美味しいんだ! 刺身やしゃぶしゃぶ、天ぷら、お寿司、中華料理の具材まで、何にしてもウマイ!

こちはら大きなモンゴウイカ。釣り味も食味もスミイカに負けないぞ

アオリイカもグッドサイズ。こちらも食べて美味しい高級イカ。スミイカとの食べ比べは贅沢ですね~

「三喜丸」は生きエサのシャコを使ったテンヤ釣り。真冬の大型をテンヤで釣るのが、最高に楽しいんだ!

シャコテンヤだけもいいが、浮きスッテを付けるのもOK

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

テンヤをシャクってシャコをアピールするスミイカ釣りはルアーフィッシングの感覚にも似て、若い釣り人にも人気が高い。

例年なら深場に落ち始める時期だが、今年は15m前後の浅場にスミイカが居座っている状態で、12月に入ってもトップはツ抜けする好釣果が続いている。

大型を浅場で乗せたときの衝撃は強烈で、シャクった竿が海に引き戻される感覚には、思わず焦ってしまうほど。

取材日は大型モンゴウイカ、アオリイカがまじって2~11杯の好釣果。「三喜丸」ではスミイカ専用竿のレンタルもあり、初めての人は出船前に河野秀昭船長がしっかりと釣り方をレクチャーしてくれる。

年が明けるとスミイカは終盤戦に入る。例年なら深場に落ちる時期だが、高水温が続いているので年明けも浅場で続いているかもしれないし、深場でさらなる巨大化があるのかもしれない。

いずれにせよ今シーズンは大型スミイカの当たり年であることは間違いない、釣期は残り少ないので早めの釣行をおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
コストパフォーマンス最高の600m巻PEライン「ハードコアX8プロ600」
更新: 2019-07-14 17:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読