MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
湾口周辺の水深60〜80mがメインの東京湾冬のタイラバゲーム

湾口周辺の水深60〜80mがメインの東京湾冬のタイラバゲーム

「冬場でも水温が下がり切らない年が多い。その分、一年を通して安定して釣れる印象です」タイラバメインに出船の羽田「TAKEMARU」。近年の冬の東京湾タイラバゲームの印象を教えてくれたのは半谷船長だ。

冬場はポイントが絞られるので、逆に釣りやすいことも多い!

取材日は乗合だったが、仲間内での貸切出船となった。いずれ劣らぬ腕達者たちだ

タイラバゲームはドテラ流しが定番

ロッドティップを叩くファイトに、本命を確信!?

全員キャッチで盛り上がる流しもあった

小型でも大切にネットで一枚ずつランディングしたい

取材日は1kg弱が最も多くキャッチされた

食べて美味しいサイズ。3枚キャッチ成功!の大阪さん

船長考案のジグとタイラバの中間的ルアーでもキャッチ成功!

これはマダイじゃないですね。果たして水面を割ったのはワラサだった

タイラバタックルでは手ごわい相手、3.4kgのワラサを見事キャッチしたのは、内野さん

嬉しいゲスト、マハタも登場!

定番ゲストのホウボウも2匹キャッチされた

タイラバのヘッドは80gがメインウエイト

取材日のヒットアイテム、ケイムラカラーのワーム。バイトマーカーとして大活躍!

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「TAKEMARU」。

「深場の釣り」となるのが冬の東京湾、タイラバゲーム。湾口周辺の60〜80mといった水深が主な舞台となる。12月下旬の取材日は冬の少し手前、という印象の50m台が中心となった。

スロースタートとなった取材日だが、干潮をはさみ、上げ潮に転じてからポツリポツリとアタリが出始めた。東京湾アベレージサイズが中心だったが、乗船者全員がキャッチという流しもあった。悪天候をものともせず、タフなアングラーたちは思い思いに一日を満喫していたようだ。

終わってみればトップ5枚、ワラサやホウボウ、マハタなどのゲストもまじり、存分に楽しめたようだ。

「冬場はポイントが絞られるので、逆に釣りやすいことも多いんですよ。ベイトフィッシュ、そしてサワラが絡んだパターンでは活発にアタってくるタイミングもあります。ぜひ遊びに来てください」とは船長。

真冬でも熱い東京湾のタイラバゲーム。防寒対策を万全に、お楽しみあれ。

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
西日本最大規模のフィッシングショー「西日本釣り博2020」が3月7日(土)、8日(日)の2日間、開催される。
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
「ジャパンインターナショナルボートショー2020」が3月5日~8日に開催される。
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読