MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
湾口周辺の水深60〜80mがメインの東京湾冬のタイラバゲーム

湾口周辺の水深60〜80mがメインの東京湾冬のタイラバゲーム

「冬場でも水温が下がり切らない年が多い。その分、一年を通して安定して釣れる印象です」タイラバメインに出船の羽田「TAKEMARU」。近年の冬の東京湾タイラバゲームの印象を教えてくれたのは半谷船長だ。

冬場はポイントが絞られるので、逆に釣りやすいことも多い!

取材日は乗合だったが、仲間内での貸切出船となった。いずれ劣らぬ腕達者たちだ

タイラバゲームはドテラ流しが定番

ロッドティップを叩くファイトに、本命を確信!?

全員キャッチで盛り上がる流しもあった

小型でも大切にネットで一枚ずつランディングしたい

取材日は1kg弱が最も多くキャッチされた

食べて美味しいサイズ。3枚キャッチ成功!の大阪さん

船長考案のジグとタイラバの中間的ルアーでもキャッチ成功!

これはマダイじゃないですね。果たして水面を割ったのはワラサだった

タイラバタックルでは手ごわい相手、3.4kgのワラサを見事キャッチしたのは、内野さん

嬉しいゲスト、マハタも登場!

定番ゲストのホウボウも2匹キャッチされた

タイラバのヘッドは80gがメインウエイト

取材日のヒットアイテム、ケイムラカラーのワーム。バイトマーカーとして大活躍!

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「TAKEMARU」。

「深場の釣り」となるのが冬の東京湾、タイラバゲーム。湾口周辺の60〜80mといった水深が主な舞台となる。12月下旬の取材日は冬の少し手前、という印象の50m台が中心となった。

スロースタートとなった取材日だが、干潮をはさみ、上げ潮に転じてからポツリポツリとアタリが出始めた。東京湾アベレージサイズが中心だったが、乗船者全員がキャッチという流しもあった。悪天候をものともせず、タフなアングラーたちは思い思いに一日を満喫していたようだ。

終わってみればトップ5枚、ワラサやホウボウ、マハタなどのゲストもまじり、存分に楽しめたようだ。

「冬場はポイントが絞られるので、逆に釣りやすいことも多いんですよ。ベイトフィッシュ、そしてサワラが絡んだパターンでは活発にアタってくるタイミングもあります。ぜひ遊びに来てください」とは船長。

真冬でも熱い東京湾のタイラバゲーム。防寒対策を万全に、お楽しみあれ。

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
アングラーの情熱と船長のサポート、そしてタックルの目覚ましい進化が切り拓いてきた深海域のジギングゲーム。スローピッチジャークを基本とした新島沖のキンメゲームも、着実にファンを増やしている釣りのひとつだ。
更新: 2019-10-16 07:00:00
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房・川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップしているので要チェック!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
更新: 2019-10-11 07:00:00
東京湾の人気ナンバーワンルアーターゲット、タチウオが入れ食い状態だ。ライトタックルでの釣り応えは上々。数が楽しめて、ドラゴン級も狙える。こちらもタチウオファンから熱い信頼を集めている、人気の金沢八景「太田屋」の釣りを紹介する。
更新: 2019-10-02 07:00:00
スーパーライトジギング、その名の通りライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!というスタイル。ついに、関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」が、スーパーライトジギング船を開始。
更新: 2019-09-30 02:51:37
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
最新記事
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
【関東・山梨店舗限定】カワハギ大会in三崎港12月1日開催 参加者募集
更新: 2019-10-19 12:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」が 2020年1月17日~19日に開催される。
更新: 2019-10-18 12:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読