MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋カワハギはこう楽しめ! 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

8月の解禁以来、好調な釣果に湧く剣崎沖。とくにサイズに関しては、30㎝前後のデカハギまじりで大型が多数取り込まれている。

最新タックル&仕掛けで釣まくり! やっぱり剣崎沖のカワハギは良・大型揃い!! 群れ固まれば、どんなことになることやら…

今回は団長の飯田純男さんを筆頭に8名の“チームステファーノ”が集結!

揃いのTシャツで、いざ釣行。

群れが固まったときの様子を彷彿とさせる、右から坂井健二さん、佐藤英雄さん、そして池田暁彦さんの同時ヒットという場面も。「アイランドクルーズ」船長の池田さんは見事にダブルだ!

「皆様から要望の多かったアクションのロッドをラインアップに加えました。ぜひお手に取ってその素晴らしい性能を確かめてください!」と団長・飯田純男さん。

芹沢和則さんはこんなデカハギを連発!

今期は、従来モデルよりもよりしなやかな調子の「S175」と、より張りのある「HH165」の“攻”モデルが追加ラインナップ!

飯田さんの豊富な経験が随所に反映された仕掛けや替えフック、さらにはオモリまでラインナップ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」。

剣崎沖に、シマノのカワハギ精鋭集団、飯田純男さんを団長とする“チームステファーノ”の面々が乗り込んだ。しかも、今年発売のニューロッド“攻シリーズ”やニューリールのXGタイプ、さらにはニュー仕掛け類も携えて! だから、正直釣れないわけがない。
実際、飯田さんの良型を皮切りに、メンバーたちは最大29・5㎝までの良~デカハギを連発!
8月下旬の取材時はまだ群れは固まっておらず、それでも写真のような釣果(釣り人の腕も道具もいいといえばそれまでだが…)。じゃあ、何かのきっかけで群れが固まったら、いったいどんなことになるのか…。これは大いに期待せずにはいられない!

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読