MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋カワハギはこう楽しめ! 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

8月の解禁以来、好調な釣果に湧く剣崎沖。とくにサイズに関しては、30㎝前後のデカハギまじりで大型が多数取り込まれている。

最新タックル&仕掛けで釣まくり! やっぱり剣崎沖のカワハギは良・大型揃い!! 群れ固まれば、どんなことになることやら…

今回は団長の飯田純男さんを筆頭に8名の“チームステファーノ”が集結!

揃いのTシャツで、いざ釣行。

群れが固まったときの様子を彷彿とさせる、右から坂井健二さん、佐藤英雄さん、そして池田暁彦さんの同時ヒットという場面も。「アイランドクルーズ」船長の池田さんは見事にダブルだ!

「皆様から要望の多かったアクションのロッドをラインアップに加えました。ぜひお手に取ってその素晴らしい性能を確かめてください!」と団長・飯田純男さん。

芹沢和則さんはこんなデカハギを連発!

今期は、従来モデルよりもよりしなやかな調子の「S175」と、より張りのある「HH165」の“攻”モデルが追加ラインナップ!

飯田さんの豊富な経験が随所に反映された仕掛けや替えフック、さらにはオモリまでラインナップ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」。

剣崎沖に、シマノのカワハギ精鋭集団、飯田純男さんを団長とする“チームステファーノ”の面々が乗り込んだ。しかも、今年発売のニューロッド“攻シリーズ”やニューリールのXGタイプ、さらにはニュー仕掛け類も携えて! だから、正直釣れないわけがない。
実際、飯田さんの良型を皮切りに、メンバーたちは最大29・5㎝までの良~デカハギを連発!
8月下旬の取材時はまだ群れは固まっておらず、それでも写真のような釣果(釣り人の腕も道具もいいといえばそれまでだが…)。じゃあ、何かのきっかけで群れが固まったら、いったいどんなことになるのか…。これは大いに期待せずにはいられない!

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読