MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…

青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…

「正直、取材依頼の電話があったときは断ろうと思いました。もしかしたら…という思いもあって、ダメ元で受けました」そう話すのは、千葉・大原港「山正丸」の山口船長。今季の外房は、それほどまでに状況が悪い。

perm_media 《画像ギャラリー》青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…の画像をチェック! navigate_next

状況やポイントによってキャスティングとジギングで攻めていく

ヤマリアの「リライズ」をボトム付近まで沈め、ジャークしながら誘って来ると、ズドン! とヒットしたという。水深は10m前後。大胆かつ繊細なファイトが求められる

もの凄いトルクでなかなか浮いて来ない。大型ヒラマサか、それとも…と浮いたのは丸々と太ったブリ! 11kgあった

ブルーブルーの吉澤達郎さんと「山正丸」女将の智絵さんはトリヤマのキャスティングでハガツオ!

こちらのハガツオはジギングで

貴重な1本をゲット!

ヒラマサが無事船上に揚げられ、山口船長とガッチリと握手。最高の瞬間だ

使用したアイテムはこちら

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」

例年であれば12月はサンマが南下し、それを追ってブリやワラサ、そしてヒラマサが絶好調なのだ。

「ここまで魚が釣れないのは初めてです」
原因は何なのか…? それは山口船長も分からないという。

そんな年の瀬も迫った12月の下旬、超激渋状況のなかで取材は行われた。

午前はジギングでブリ1本とハガツオ2本のみ。

ウワサ通り本当に渋い。

そして午後はキャスティングでハガツオだけ…。

そしてついに、最後の流しとなってしまった。

すると、突然ミヨシから「来た!」との声。

乗船者全員が見守るなか、上がったのは10㎏オーバーの本命ヒラマサ!!

「やっぱり諦めない心が大切ですね。本当に釣れてよかったです。今後はイワシが南下して来て、それに付いたヒラマサが面白くなると思います。例年大型もヒットしていますので、ぜひチャレンジお待ちしています」

「最後まで諦めない心」で、メモリアルな一本をキャッチしよう!

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル