MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…

青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…

「正直、取材依頼の電話があったときは断ろうと思いました。もしかしたら…という思いもあって、ダメ元で受けました」そう話すのは、千葉・大原港「山正丸」の山口船長。今季の外房は、それほどまでに状況が悪い。

状況やポイントによってキャスティングとジギングで攻めていく

ヤマリアの「リライズ」をボトム付近まで沈め、ジャークしながら誘って来ると、ズドン! とヒットしたという。水深は10m前後。大胆かつ繊細なファイトが求められる

もの凄いトルクでなかなか浮いて来ない。大型ヒラマサか、それとも…と浮いたのは丸々と太ったブリ! 11kgあった

ブルーブルーの吉澤達郎さんと「山正丸」女将の智絵さんはトリヤマのキャスティングでハガツオ!

こちらのハガツオはジギングで

貴重な1本をゲット!

ヒラマサが無事船上に揚げられ、山口船長とガッチリと握手。最高の瞬間だ

使用したアイテムはこちら

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」

例年であれば12月はサンマが南下し、それを追ってブリやワラサ、そしてヒラマサが絶好調なのだ。

「ここまで魚が釣れないのは初めてです」
原因は何なのか…? それは山口船長も分からないという。

そんな年の瀬も迫った12月の下旬、超激渋状況のなかで取材は行われた。

午前はジギングでブリ1本とハガツオ2本のみ。

ウワサ通り本当に渋い。

そして午後はキャスティングでハガツオだけ…。

そしてついに、最後の流しとなってしまった。

すると、突然ミヨシから「来た!」との声。

乗船者全員が見守るなか、上がったのは10㎏オーバーの本命ヒラマサ!!

「やっぱり諦めない心が大切ですね。本当に釣れてよかったです。今後はイワシが南下して来て、それに付いたヒラマサが面白くなると思います。例年大型もヒットしていますので、ぜひチャレンジお待ちしています」

「最後まで諦めない心」で、メモリアルな一本をキャッチしよう!

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読