MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…

青物ゲームで10キロオーバーのヒラマサ&ブリ炸裂⁉︎ 結果は…

「正直、取材依頼の電話があったときは断ろうと思いました。もしかしたら…という思いもあって、ダメ元で受けました」そう話すのは、千葉・大原港「山正丸」の山口船長。今季の外房は、それほどまでに状況が悪い。

状況やポイントによってキャスティングとジギングで攻めていく

ヤマリアの「リライズ」をボトム付近まで沈め、ジャークしながら誘って来ると、ズドン! とヒットしたという。水深は10m前後。大胆かつ繊細なファイトが求められる

もの凄いトルクでなかなか浮いて来ない。大型ヒラマサか、それとも…と浮いたのは丸々と太ったブリ! 11kgあった

ブルーブルーの吉澤達郎さんと「山正丸」女将の智絵さんはトリヤマのキャスティングでハガツオ!

こちらのハガツオはジギングで

貴重な1本をゲット!

ヒラマサが無事船上に揚げられ、山口船長とガッチリと握手。最高の瞬間だ

使用したアイテムはこちら

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」

例年であれば12月はサンマが南下し、それを追ってブリやワラサ、そしてヒラマサが絶好調なのだ。

「ここまで魚が釣れないのは初めてです」
原因は何なのか…? それは山口船長も分からないという。

そんな年の瀬も迫った12月の下旬、超激渋状況のなかで取材は行われた。

午前はジギングでブリ1本とハガツオ2本のみ。

ウワサ通り本当に渋い。

そして午後はキャスティングでハガツオだけ…。

そしてついに、最後の流しとなってしまった。

すると、突然ミヨシから「来た!」との声。

乗船者全員が見守るなか、上がったのは10㎏オーバーの本命ヒラマサ!!

「やっぱり諦めない心が大切ですね。本当に釣れてよかったです。今後はイワシが南下して来て、それに付いたヒラマサが面白くなると思います。例年大型もヒットしていますので、ぜひチャレンジお待ちしています」

「最後まで諦めない心」で、メモリアルな一本をキャッチしよう!

以上の記事は「つり丸」2019年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
東京湾口のマダイが例年よりも早く乗っ込みシーズンを迎え、タイラバで好調な釣果を記録している。「落として巻くだけ」というタイラバゲームだが、実際アングラーがやらなければならないことは非常に多く奥深いぞ!
更新: 2019-04-04 07:00:00
重要なのはジギングもキャスティングも「ルアーをキャストする」こと。プラグは言うまでもないが外房ではジグもキャストする。水深が浅いポイントではジグを斜めに引いて、より長い距離で魚にアピールさせる。
更新: 2019-03-31 12:00:00
最新記事
東海エリアで一番マダイの魚影が濃いと言われている御前崎沖。岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根が乗っ込みポイント。深場から移動してきたマダイたちが産卵のために集結している。
更新: 2019-04-19 12:00:00
日本最西端・与那国島は国内トップレベルのカジキ漁場。年間に1000本が水揚げされるが、少年時代からの夢を叶えるべく、一か月分の給料が飛ぶことも承知で与那国島の「瑞宝丸」を2日間一人でチャーターした!
更新: 2019-04-19 07:00:00
一年中釣れ、一年中美味しい!!沖釣りの人気魚種アジ。東京湾ではライトタックルで狙うLTアジも大人気!お土産も十分期待できる上に、ビギナーや女性、子供も手軽に楽しめて、GWにもオススメだ。
更新: 2019-04-18 12:00:00
東伊豆・稲取沖のアカムツはアベレージは1.5㎏以上!港から航程10分の至近ポイントで大型が釣れるのが魅力だ。4月中旬以降がベストシーズン!大型ルビーの宝庫のようなアカムツ!料理にしても絶品だ!
更新: 2019-04-18 07:00:00
【テンヤマダイ編】マダイファン待望の乗っ込みシーズンがやってきた!産卵を前に気難しい面を見せる乗っ込みマダイ。そんなマダイを食わせるには、ベーシックテクニックをマスターしておくことが重要だ!
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読