MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の八丈島は高級魚アイランド! フルレンタルOK!ウメイロ五目

冬の八丈島は高級魚アイランド! フルレンタルOK!ウメイロ五目

「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ウメイロは島のあちこちの根周りで釣れる! 超絶美味しい高級魚

伊豆諸島のなかでもトップクラスのポイントは小岩戸沖

この場所は、島影のため西〜北風にはめっぽう強い

嬉しいダブルヒット!

ウメイロのポイントでは、五目釣りが楽しめる。メジナもこの時期の人気ターゲット。脂のりのりでかなりおいしい。ウメイロも大型だ

レンタルロッドでやり取り中!

メイチダイ

ナンヨウカイワリ

島宿泊が楽しい八丈島、海の幸を存分に味わおう

船宿に戻ってから釣果の記念撮影。港前でウメイロとメジナ釣りを楽しんだ。サイズがみないいのでお土産には十分

仕掛けはアサギクオリジナルが一番実績大

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・三根「アサギク」。

東京から南へ約300㎞。黒潮が洗う伊豆諸島の最南端の島が八丈島だ。この島へは、東京羽田空港から飛行機で片道約50分とあっという間に行ける。

例年であれば、島の南東部に位置する小岩戸沖で良型のシマアジのシーズンを迎えているが、今期は黒潮が年が明けても島の周辺を流れていたため、高水温状態が継続。例年のポイントには群れの回遊は少なく、これから始まるという状況。

とはいうものの、この時期よく吹く季節風である西風が島の風裏になる、末吉港から出てすぐの石積沖では、コンスタントにシマアジがあがっており、今シーズン7kgというオオカミクラスもキャッチされている。いつ爆釣が開始してもおかしくない状態だ。

残念ながらこの取材では良型シマアジキャッチには至らなかったが、この風裏のポイントで近年では珍しい良型のウメイロが連発。脂のりのりのメジナが多く釣れ、お土産には十分。八丈島ならではの魚の引きを存分に味わえた。

シマアジを釣りたい貴方、ウメイロ&メジナの入れ食いを味わいたい方、冬の八丈島は、高出船率で迎えてくれる!

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル