MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の八丈島は高級魚アイランド! フルレンタルOK!ウメイロ五目

冬の八丈島は高級魚アイランド! フルレンタルOK!ウメイロ五目

「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。

perm_media 《画像ギャラリー》冬の八丈島は高級魚アイランド! フルレンタルOK!ウメイロ五目の画像をチェック! navigate_next

ウメイロは島のあちこちの根周りで釣れる! 超絶美味しい高級魚

伊豆諸島のなかでもトップクラスのポイントは小岩戸沖

この場所は、島影のため西〜北風にはめっぽう強い

嬉しいダブルヒット!

ウメイロのポイントでは、五目釣りが楽しめる。メジナもこの時期の人気ターゲット。脂のりのりでかなりおいしい。ウメイロも大型だ

レンタルロッドでやり取り中!

メイチダイ

ナンヨウカイワリ

島宿泊が楽しい八丈島、海の幸を存分に味わおう

船宿に戻ってから釣果の記念撮影。港前でウメイロとメジナ釣りを楽しんだ。サイズがみないいのでお土産には十分

仕掛けはアサギクオリジナルが一番実績大

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・三根「アサギク」。

東京から南へ約300㎞。黒潮が洗う伊豆諸島の最南端の島が八丈島だ。この島へは、東京羽田空港から飛行機で片道約50分とあっという間に行ける。

例年であれば、島の南東部に位置する小岩戸沖で良型のシマアジのシーズンを迎えているが、今期は黒潮が年が明けても島の周辺を流れていたため、高水温状態が継続。例年のポイントには群れの回遊は少なく、これから始まるという状況。

とはいうものの、この時期よく吹く季節風である西風が島の風裏になる、末吉港から出てすぐの石積沖では、コンスタントにシマアジがあがっており、今シーズン7kgというオオカミクラスもキャッチされている。いつ爆釣が開始してもおかしくない状態だ。

残念ながらこの取材では良型シマアジキャッチには至らなかったが、この風裏のポイントで近年では珍しい良型のウメイロが連発。脂のりのりのメジナが多く釣れ、お土産には十分。八丈島ならではの魚の引きを存分に味わえた。

シマアジを釣りたい貴方、ウメイロ&メジナの入れ食いを味わいたい方、冬の八丈島は、高出船率で迎えてくれる!

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル