MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
底から1mのタナをキープ! 安定釣果で楽しめるオニカサゴ釣り

底から1mのタナをキープ! 安定釣果で楽しめるオニカサゴ釣り

「今期は例年以上に良い感じだよ。なんたって年明けからオデコの人が少なく、釣り座に関係なくコンスタントに釣れてるからさ」と、乗船時に満面の笑顔で状況を話してくれたのは勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

まさにエキサイティング! 激しく抵抗するオニを締め揚げる!

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生は、ハリスの長さを1.2mと短くし、ロッドの角度調節でタナを切り、船長が推奨する1mの位置でオニ退治を十二分に楽しんだ

水圧変化に強いオニカサゴは、ヒットしてからも激しい抵抗を海面まで繰り返す。ハリ掛かりしたら同じペースで巻き上げ、ドラグを効かせてゆっくり真綿で締め揚げるように巻くこと

良型オニカサゴをゲットだ!

今期絶好調の証がコレ。貴重なオニが一荷で掛かることもある

嬉しいダブルヒット!

鍋ネタにも最高なオニカサゴ

アベレージサイズ

思わず笑顔に…

お腹周りに良質な脂を蓄えたプロポーション抜群の寒サバがお土産

200号までのオモリが背負える7:3調子の竿に、中型電動リール。道糸に5〜6号を巻いて挑もう

仕掛けは、6〜8号ハリス2mの市販、または自作でOK。宿特製こだわりの2本バリ仕掛けもあるが、こちらは事前連絡を!

エサは釣ったサバの切り身を使用。特エサを持参しても良いが、オマツリの元になるので、ごちゃごちゃ付けないようにと船長

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

この時期の勝浦沖は、知る人ぞ知る脂が乗った激旨の寒サバが面白いように釣れる。「初栄丸」では、オニカサゴのエサの調達とお土産確保を兼ねたリレー船で出船。オニの時間が短いにも関わらず、好調なのだ。

ポイントは水深100m前後の浅場から150mダチの深場。西から東と勝浦沖の至る所を潮具合を見ながら攻めている。

「3mくらいの根が連なる場所から、すり鉢状になっている海底のカケアガリ。それに飛び根をピンポイントで攻めたりしてるけど、いずれも海底から1mタナを切った位置にエサが漂うイメージで探れば結果は出るからね」と釣り方まで指南してくれた。

釣れるサイズはご覧の通りで、アベレージは1㎏前後だ。

食わせてからのファイトはもちろん、食味もバツグンのオニカサゴ。底ダチ取りからのタナ合わせをマメに行い、思う存分楽しんじゃいましょうね。

なお「初栄丸」は、ヤリイカが始まったらオニは終了するとのことなので、早めの釣行をオススメします!

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル