MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真冬も元気に遊んでくれる! 東京湾釣魚の優等生”イシモチ”

真冬も元気に遊んでくれる! 東京湾釣魚の優等生”イシモチ”

「今季もおかげさまで好調ですよ。本来この時期は深場をやることが多く猿島沖の深場でも食うんだけど、まだ30m位の浅場で食ってますから、ウチではビギナーにも釣りやすい浅場メインでやってます」と新明船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

厳寒期で魚の活性が下がる中、東京湾のイシモチは安定釣果!

派手なアタリと引きを楽しむ

こんな良型が数釣れる。食べてもおいしいからさらにウレシイ

こちらも良型でおいしそう。筆者はイシモチのフィッシュ&チップスもおススメ

まじりで良型カサゴも

エサはもちろん、仕掛け1組、オモリ1個、手ぬぐい、座布団マットも釣り座に用意してある

エサはアオイソメ。2匹丸ごとチョン掛けに

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「新健丸」。

厳寒期、大抵の魚の活性が下がる中、今季も東京湾のイシモチは元気そのもの。ガタガタ! ガクガク! ギュンギュン! と派手なアタリと引きで、ビギナーにもハッキリと分かる『釣った感』も嬉しいところだ。

夏場のカサゴとイシモチを二枚看板に掲げる金沢八景の「新健丸」では、冬季限定13時までのショートタイム釣り(酷暑期も実施)ながら、いい日にはトップ50匹以上と絶好調。

アジと並ぶ東京湾釣魚の優等生は今後も安定釣果が望めそうだ。

ビギナー向けの釣り物として扱われがちだが、ベテラン釣り師にとってはアタリの何割を食い込みに持っていけるかの、腕の見せ所はある。

でもまあ、のんびりやってもお土産十分っていう釣りですよ!

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル