MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップシーズンは3月! ジギングシーバスゲームへ行こう!

トップシーズンは3月! ジギングシーバスゲームへ行こう!

例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

腕の差が出る状況が多いのが近年のシーバスゲームの傾向の一つだ

川崎周辺のバースやストラクチャー周辺はシーバスの絶好ポイント

トルクフルなファイトをじっくりと楽しもう

高活性時はこの抜き上げシーンが船上のあちこちでみられるようになる

最大魚の74㎝を仕留めたのは上野さん。なんと釣りは3回目。シーバス経験は2回目!「根掛かりと思ったら魚でした」。誰にでもビッグワンのチャンスはあり、だ

70㎝オーバーも珍しくない

坂本さんはジャスト70㎝をキャッチ!「巻き上げからのフォールで食ってきました!」

きれいな姿のシーバスがそろう

数釣りモードになると、このサイズも多くまじる

シーバスが吐き出したベイトはコレ。カタクチイワシだ

ウエイト、タイプともに多彩! 東京湾で実績大のジグ、オーシャンドミネーター。田中船長イチ推しは、自身で考案したオリジナルカラーだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新山下「渡辺釣船店」。

爆釣は……というものの、80㎝オーバーが連発する日並みもあり。大型シーバス特有の大きな首振りを堪能すべく、実釣取材に繰り出した。

出船は7時。午前中は下げ潮が主体の釣り。順番に有望ポイント697を転戦していく。スタート133はややスロー気味。それでもポイントに入り直すたびに、ポツリポツリとキャッチが続く。

じりじりとした展開が続くうち、ついに時合が到来! 納得のスズキサイズをまじえ、60㎝オーバーも次々と登場! しかし、時間は短時間。爆発寸前で終了。これが今年の特徴のひとつでもあるようだ。つまり、釣れるタイミングを逃さず、しっかり確実に仕留める。こんな心構えが必要となる。

「シーバスは東京湾の各エリア、どこにでもいるのは間違ないですね。トップシーズンは3月だと思っているので、ぜひ挑戦してみてください」

と話す田中船長。

コンディションを整えたパワフルな春シーバス。楽しむならこれからの時期をおいて他にない。

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル