MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップシーズンは3月! ジギングシーバスゲームへ行こう!

トップシーズンは3月! ジギングシーバスゲームへ行こう!

例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。

腕の差が出る状況が多いのが近年のシーバスゲームの傾向の一つだ

川崎周辺のバースやストラクチャー周辺はシーバスの絶好ポイント

トルクフルなファイトをじっくりと楽しもう

高活性時はこの抜き上げシーンが船上のあちこちでみられるようになる

最大魚の74㎝を仕留めたのは上野さん。なんと釣りは3回目。シーバス経験は2回目!「根掛かりと思ったら魚でした」。誰にでもビッグワンのチャンスはあり、だ

70㎝オーバーも珍しくない

坂本さんはジャスト70㎝をキャッチ!「巻き上げからのフォールで食ってきました!」

きれいな姿のシーバスがそろう

数釣りモードになると、このサイズも多くまじる

シーバスが吐き出したベイトはコレ。カタクチイワシだ

ウエイト、タイプともに多彩! 東京湾で実績大のジグ、オーシャンドミネーター。田中船長イチ推しは、自身で考案したオリジナルカラーだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新山下「渡辺釣船店」。

爆釣は……というものの、80㎝オーバーが連発する日並みもあり。大型シーバス特有の大きな首振りを堪能すべく、実釣取材に繰り出した。

出船は7時。午前中は下げ潮が主体の釣り。順番に有望ポイント697を転戦していく。スタート133はややスロー気味。それでもポイントに入り直すたびに、ポツリポツリとキャッチが続く。

じりじりとした展開が続くうち、ついに時合が到来! 納得のスズキサイズをまじえ、60㎝オーバーも次々と登場! しかし、時間は短時間。爆発寸前で終了。これが今年の特徴のひとつでもあるようだ。つまり、釣れるタイミングを逃さず、しっかり確実に仕留める。こんな心構えが必要となる。

「シーバスは東京湾の各エリア、どこにでもいるのは間違ないですね。トップシーズンは3月だと思っているので、ぜひ挑戦してみてください」

と話す田中船長。

コンディションを整えたパワフルな春シーバス。楽しむならこれからの時期をおいて他にない。

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読