MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春のメインはホウボウ! スローピッチジャークのタックル

春のメインはホウボウ! スローピッチジャークのタックル

ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。

波崎沖のジギングタックル。スピニングとスローピッチジャーク

ホウボウ攻略のキモは「ボトム付近でジグを横に向け、横に向いたジグをステイさせる」ことだ。

ジグを横に向けるためには、シャクって曲がったロッドのティップをしっかりと返すことが重要。返すとは、ティップをピンと真っ直ぐにすることである。こうすることでラインスラックが生まれ、ジグは自走して横を向く。この〝ティップを返す〟という動作こそが、実はスローピッチジャークジギングにおいては大変重要な基本テクニックなのである。

ティップをしっかりと返してジグを横に向けた後は、連続的にシャクリの動作を行うのではなく、少し間を置こう。この間がジグを〝ステイ〟させる。この瞬間にゴンとホウボウがヒットしてくることが多い。もちろん、この間の取り方もスローピッチジャークジギングでは大変重要となる。間の長さは状況によって変わるので、いろいろ試してみよう。

常磐・波崎沖 S.P.Jジギング釣行レポート

40〜50cmという大型がヒットする。そのサイズともなれば引きも案外強いゾ!

ホウボウのジギングは初心者も楽しめる手軽な釣りでありながら、実は大変奥が深い

海底を“ほうぼう”歩きまわっているホウボウ。ボトム付近を丁寧に攻めよう

高級魚であるホウボウは大変美味。刺身やアクアパッツァが絶品だ

50cm級の大型だ

例年では2月の後半から3月にかけてがホウボウのベストシーズンだ

トリヤマでガツンとヒット! スローピッチジャークのタックルだけでなく、青物用のタックルも持参しておこう

ワラサはスローピッチのタックルでも狙えないことはないが、スピニングタックルのほうが勝負は早い

トリヤマの下にいたのはこんな良型ワラサ!

6kg級の丸々と太ったワラサ。顔つきはもうブリだ

なんとタイラバにもワラサがヒット! 慎重なやり取りの末、見事キャッチした

根周りのスローピッチジャークジギングではウスメバルもヒット

ホウボウには3〜4パワーのロッドが最適。ラインは1.5号でOKだ

ジグは130〜150gがメイン。赤金やグリーンゴールドにヒット率が高いという

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

「ホウボウ? そんなのカンタンでしょ?」と、もしこんなふうに、この魚のことをちょっと軽視している方がいらっしゃいましたら、その考え改めてください。真面目に狙ってみたら、これがけっこう奥が深い。食べてみれば、これがもの凄くおいしい。とくに刺身とアクアパッツァなんて最高だ。つまり、釣って楽しく、食べておいしい、実はとっても凄い魚なのである。

「イレグイのときは何をしても食ってきてしまうんですが、問題はそうではないとき。上手な人とそうでない人では、明らかに釣果が違います。つまり、ウデの差がはっきりと出てしまうんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長。では、どのようにすればいいのか…?

「ボトム付近で、ジグをしっかりと横に向けてやることが重要です。ジグが横に向いてフワッとステイしたときにヒットしてくることが多いですね」

ジグを横に向けるというのは、スローピッチジャークジギングの基本テクニック。つまり、入門にはぴったり。ウデの差が出るということは、これがかなりテクニカル。ベテランもハマってしまうおもしろさだ。

そんなホウボウは、例年これから3月にかけてがベストシーズン。群れが固まって、より釣りやすくなる。ぜひチャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2015年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読