MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣果を伸ばすカギは三つあり! イサキ仕掛けのポイント

釣果を伸ばすカギは三つあり! イサキ仕掛けのポイント

取材当日、武ノ内船長がすすめていた仕掛けはカラーバリ仕掛け。ハリス2号、ハリは白、緑、ピンクにカラーリングされたチヌバリ2号、全長3m以上のバランスだ。「新栄丸」オリジナル仕掛けは船で購入可能。

イサキ仕掛け。カラーバリ仕掛けを使いエサを併用することも!

「新栄丸」でのイサキ狙いでは、プラビシのFLサイズ60号を使う。そのため竿は60号のオモリに対応した6対4〜7対3調子の2m前後が最適。硬すぎる竿は、シャクった際にビシが激しく動いてしまったり、タナで静かにアタリを待つ際にビシを跳ね上げやすいのであまりオススメではない。

取材当日、武ノ内船長がすすめていた仕掛けはカラーバリ仕掛け。ハリス2号、ハリは白、緑、ピンクにカラーリングされたチヌバリ2号、全長3m以上のバランスだ。実績のある「新栄丸」オリジナル仕掛けは船で購入できる。

取材時は最近の傾向と実績から、武ノ内船長はエサを使わずカラーバリ仕掛けだけで、タナの範囲を探る釣り方を推奨していた。しかし、状況によってはカラーバリ仕掛けに付けエサを併用することもある。その場合、付けエサはオキアミやイカタンを使う。

また実釣時には道具のセッティングも重要。武ノ内船長は出船すると、まず最初に道具のセッティングについて必ずマイクでアナウンスするほどだ。

スパンカーを立てて船を流す場合は、風がミヨシ方向から吹いてくるのでコマセオケの風上側30㎝ぐらいの位置にロッドキーパーをセットする。仕掛けを回収するときや取り込み時は、竿よりも風下側に仕掛けを取り込むと、絡みづらくスムーズに作業がおこなえるはずだ。

南房総・江見沖 イサキ釣行レポート

イサキのポイントは港から数分の近場だ

「探見丸」に映し出された濃い反応! タナの指示は海面下20〜30m

当日はタナでアタリを待つよりも、タナの範囲をシャクって探る釣り方がよくアタった!

当日は30㎝前後のサイズがそろった

食いが立っているときは、ダブル、トリプルが連発する!

2匹いるよ〜!

親子で乗船した釣り人もこのとおり

当日は開始から好調にアタった!

ダブルは嬉しいね!

これはアジのトリプル。低めのタナでよくアタるという

当日は雪のため早揚がりとなったが50匹の規定数に到達する人もいた!

「新栄丸」の仕掛け。いくつかのバリエーションがあり、船で購入できる

マセはアミ。イサキ狙いのビシはFLサイズの60号を使用

イサキの活性が低いとき、またマダイやハナダイを狙えるポイントではオキアミを付けエサにする

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見「新栄丸」。

これから夏にかけて釣れ盛るのがイサキ。南房総や外房ではこれからがシーズンであるが、南房総・江見沖ではすでに好調が続いている。

江見「新栄丸」は「イサキ・マダイ・ハナダイ・アマダイ五目」という看板で出船している。前半はイサキをメインに狙い、後半はマダイ、ハナダイ、アマダイを狙うというメニューだ。とくに前半に狙うイサキは2月後半の時点では好調続き。連日のようにトップの人は規定数の50匹に到達しているのだ。

取材日は朝から雪が降り、北風も強く釣りづらい状況。そのため、10時すぎに早揚がりとなってしまったが、トップは規定数に到達し、ビギナーの人も20〜30匹釣るほどの食いだった。

「イサキはタナを探るシャクリ釣りとタナでアタリを待つという二つの釣り方があります。ここ最近はカラーバリ仕掛けを使ったシャクリ釣りでよくアタっていますね。状況にあった仕掛け、タナを探ること、コマセワークの3点が重要です」とは武ノ内一浩船長。

これからも好調が期待できる江見沖のイサキ。武ノ内船長はマメに状況変化や釣り方のアドバイスをマイクでアナウンスしてくれるので、ビギナーにもオススメ。すでに絶好調のイサキを楽しんでみてはいかが!

江見「新栄丸」のイサキ釣り方はシャクリ釣りかタナ待ちの二通り

武ノ内船長が教えるイサキの釣り方は二通りで、「シャクリ釣り」と「タナ待ち」と呼んでいる。

「シャクリ釣り」は指示されたタナの範囲をシャクって誘い探る釣り方。活性の高いとき、またはエサを使わずカラーバリ仕掛けのみで狙うときにおこなう釣り方だ。

「タナ待ち」と呼ばれる釣り方は、タナを探ることなく指示ダナに仕掛けを合わせてアタリを待つ。おもに活性の低いときにおこなう釣り方で、この場合は付けエサを併用する。

取材では武ノ内船長は「シャクリ釣り」をすすめていた。当日は水深48m前後のポイントで、タナは海面下20〜30mの指示。この場合、30mまでビシを沈め、仕掛けがなじんだら20mまでシャクって誘い上げていく。

ビシの調整は下の隙間は全閉。上の穴はコマセの出具合によって1/2〜1/3開けて微調整する。

誘い方は1回シャクったら、糸をタルマせないように竿先を下げながらリールをひと巻きする。そして、またシャクって、竿先を下げながらリールをひと巻き。これを繰り返して、タナを探っていくのだ。

どんどん上の方にまかれるコマセをイサキに追わせて、活性の高い魚を食わせるイメージだ。

取材時には「タナ待ち」の釣り方はしなかったが、この場合は50秒に一回のペースで仕掛けを入れ替えることがポイントだそうだ。

以上の記事は「つり丸」2014年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読