MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型まじりで絶好調!! 東京湾のタチウオゲーム【東京湾】

大型まじりで絶好調!! 東京湾のタチウオゲーム【東京湾】

トップ20〜30本! 状況よければそれ以上も!! 東京湾のタチウオは好釣そのもの。家族と、友達と、カップルで、さあ、みんなで出かけよう!

トップはツ抜け、乗船者全員がタチウオをキャッチ! ちなみに翌日は…なんとトップ30本超え! ホントにタチウオって…

活況を呈する東京湾であります。

シルバーに輝く憎いヤツを捕えんと、各自竿を海面に垂らしました。

取材日の最大。連日このような大型は船中数本はヒットしているぞ!

夏タチは水深が浅い場所をメインで攻めるので、女性や子供もチャレンジしやすい。

ジグはウエイト80〜150g、カラーは赤金、ピンク系、パープル系、ブルピンの4色は用意しよう。浅場ではジグヘッド&ワームも有効だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

「このところずーっとトップ20〜30本、大型も船中何本も出るほど好調だったんですけど…今日はどうしちゃったんでしょう…。まさに“タチウオあるある”ですね」とは、積極的にタチウオの反応を探し、丁寧なアナウンスで“釣らせる”船長として人気の「太田屋」佐野一也船長。“タチウオあるある”とは、タチウオではよくある「前日はよかったんだよね…」パターンのこと。まさに神出鬼没だ。それでも、佐野船長がいい反応を丁寧に探索してくれたおかげで、トップはツ抜け、乗船者全員がタチウオをキャッチ! ちなみに翌日は…なんとトップ30本超え! ホントにタチウオって…。
さて、冒頭の佐野船長の言葉のように、今期の東京湾の夏タチウオは絶好調だ。何よりも、この時期はタナや水深が浅い場所を狙うことが多いので、手軽に楽しめるのも魅力。ジグも軽いし、釣りもラク。女性や子供も釣りやすい。友達同士やカップルで、そしてご夫婦で、親子で出掛けてみてはいかがですか?

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
素早いフォールとスライドアクションを両立するリアバランスロングジグ「RBナガマサ」
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読