MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ボウズを恐れずイワシ泳がせ&ジギングで大型ハタを狙い撃て!

ボウズを恐れずイワシ泳がせ&ジギングで大型ハタを狙い撃て!

利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

条件が合えば、激ウマのマハタやホウキハタと出会うことが可能だ

青物狙いのワンピッチジャークにヒットした

エサ釣りより先にヒットさせたルアーアングラー。「間違いなくハタ!」と確信して浮いた魚体をみたときは、歓声があがった

5㎏ジャストのホウキハタ。なんとボトムから10m上でいきなりバイトしたという。セミロングジグを丸呑みするほどの獰猛さもうかがえる

エサ釣りはイワシの泳がせ。ハリスは10号以上で

ゲストの常連、カンコがヒット

エサはマイワシ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

久々の凪ぎの海上を軽快に疾走する「惠丸」。現場までは2時間。ハタ狙いの海域の水深は100m前後だ。

「アタたれば4㎏〜5㎏以上だよ」と実績ポイントから開始。

ところが、潮の流れがほとんどなく、なかなか会心のアタリが来ない。

そんななか、雄叫びをあげたのがルアーアングラー。ボトムから10mほどシャクリ上げてきたところでいきなり「ドンッ!」とヒットしたという。

浮上したのは、見事な5㎏ジャストのホウキハタ。関東周辺では大変貴重なハタだ。食べてもとても美味。

結局、この日はエサにはハタが反応しなかったが、良川船長いわく、潮さえ流れれば、ハタたちはイワシエサに口を使うという。

以前、この周辺では青物のようにバタバタと5㎏オーバーのハタばかり釣れたこともあるという。

船長の秘蔵のポイントにはとくにシーズンはない。良型ハタをゲットしたいアングラーは、ボウズを恐れずチャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル