MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラメ釣りは根を避けてタナをまめに取り直すことが効果的!

ヒラメ釣りは根を避けてタナをまめに取り直すことが効果的!

千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラメ釣りは根を避けてタナをまめに取り直すことが効果的!の画像をチェック! navigate_next

南房ヒラメはまだまだシーズンが続く! イワシ回遊で大型チャンス

良型ヒラメをゲットだ!

これからサイズもどんどんアップ!

釣り上げる際はタモでしっかり捕獲しよう

この日のまじりはマトウだけだったが、千倉沖はマハタも多い。イワシ回遊でマハタも期待できそう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉港「千鯛丸」。

この日は朝にマハタを狙うも不発。しかしヒラメのポイントに移動すると1㎏前後のヒラメがアタリを送ってきた。

鈴木美津雄船長は底の状態を詳しくアナウンスしてくれる。かけ上がりや根の落ち際に差し掛かったときがチャンスだ。釣り人はみな竿先に集中してアタリを待っていた。アップダウンの激しい海底は小魚も多く、大型魚が寄りついていることが多いからだ。

千倉沖では、根を避けてタナをまめに取り直してイワシを底近辺に泳がせるのがヒラメ、マハタへの効果的なアプローチとなる。この日はあいにくの強風とウネリで釣りにくい状況だったがトップ3枚。ほとんどの人が型を見るまずまずの釣果となった。

南房は都心より早く春を迎え、すでに菜の花が咲き始めている。これからはイワシの回遊が見られ大型ヒラメの期待が高まる。また、ヤリイカ回遊が始まるのもこの時期だ。「千鯛丸」では今後、ヒラメ、ヤリイカの二枚看板で、ひと足早い春の釣りを楽しませてくれる。

以上の記事は「つり丸」2014年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル