MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
楽しみ方は色々! ライトに楽しめる東京湾メバル&カサゴゲーム

楽しみ方は色々! ライトに楽しめる東京湾メバル&カサゴゲーム

東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。

ルアーナイトゲームがよりいっそう手軽さを増す! メバカサ乗合

横浜港内は大人の遊び場。ポイントが多数ある

ポイントによってはボートの周り360度を狙えるところもある

小気味いいファイトが存分に楽しめるナイトゲーム

フィッシュイーターであるクロメバル、ミノーに良型がバイトした

高活性のメバルは同時ヒット、連続ヒットもザラ

メバカサ乗合でヒートアップ!

ハードルアーで狙えば、シーバスは高確率だ

グッドファイト! ナイトシーバス!

常連ターゲット

アジもバイトしてきた

ルアーメーカーのタックルハウスのメンバーがハードルアーオンリーでメバル&カサゴを釣ろうと企画。今回活躍したルアーたちはコレ。ショアーズ ストリーマー、ブルシャッド、ジグ3g、ライジングミノー43など。いずれも海のライトターゲットに照準を合わせたルアーたちだ

ソフトルアーは細身で、2インチ程度の長さのものが定番。ガルプのサンドワームやベビーサーディンなどに実績あり、という。カラーは白やピンクを基本に、各色を好みで選択すればよい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」。

今回の実釣取材では、ルアーメーカー、タックルハウスのテスト釣行に便乗。一般的にはソフトルアーを使うことが多い、「メバカサ」狙いだが、この日はハードルアー限定でのゲーム展開。内心では「けっこう苦労するかも知れないな」と思っていたが、そんな心配は最初のポイントで吹き飛んだ。表層主体にスローリトリーブするだけで、次々とグッドサイズがお目見え。戦闘能力がアップした昨今のライトターゲット用ルアーの実力をまざまざと見せつけられた感じだ。

その後もポイントを転戦するたびに、メバルの数を重ねることができた。くわえてアジ、シーバスと魚種もプラス。最後にはボトムをジグで叩いてカサゴまでキャッチ! とハードルアーだけで4目達成! 短時間ながら濃密な時間となった。

とはいえ、基本はソフトルアーと考えてよい。加えて、それぞれを狙い分けるなら専用タックルをそろえた方がよい。さらに加えて、今回のようにハードルアーを持参すると、さらに楽しみの幅が広がるはずだ。良型の確率が増すことはもちろん、トップウォーターゲームを楽しめる状況も期待できる。メバカサ狙いはこれからが佳境。「アイランドクルーズFC」では、4月いっぱい、狙い続けていく予定だ。

以上の記事は「つり丸」2014年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
ここ数年、相模湾で冬場に手軽にルアーゲームが楽しめるということで、人気急上昇中の釣り物がある。高級魚「ホウボウ」だ。テクニカルでおもしろく、奥が深い。ジグは基本100g以下。タックルはシーバス用でOK!
更新: 2019-02-26 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読