MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キハダ&カツオ絶好調だっ! ロングランの期待高まる!!【相模湾】

キハダ&カツオ絶好調だっ! ロングランの期待高まる!!【相模湾】

8月から開幕している相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオ。8月中はどちらも絶好調だったが、9月もまだまだベストシーズンといえる。ロングランの期待が高まっている。

シーズンはまだまだ続くぜ。キハダは30㎏超まじり! カツオは絶好調続きだ!!

常連の渡辺さんは28㎏と27㎏をゲット!

こちらも27㎏!

取材当日は23〜31㎏のキハダが5本上がった!

カツオの群れを追いかける船で船団ができた。

今シーズンは開幕から20㎏オーバーがヒットしているキハダ。じょじょにサイズアップして30㎏オーバーがまじるようになってきている。日によって食いにムラがあるものの、依然、反応は濃いというので今後も楽しみだ。
絶好調が続いているカツオは、今後も期待十分。これから秋が深まるにつれて身に脂を蓄え、とても美味しくなる時期。4㎏以上の丸々太った個体は絶品だ。
今回の取材では、状況に応じてキハダとカツオの両種を狙った。当日は前半にカツオ、後半にキハダを狙ったが、両種ともまずまずの食い。とくにキハダはバラシやサメの被害が少なく、23〜31㎏までが5本取り込まれた。
今後もまだまだ期待できる相模湾。熱いシーズンは続く!

仕掛けはキハダ用とカツオ用を準備しよう!

コマセはオキアミ。一日の使用量は3㎏まで。

キハダは歯が鋭く、ハリを飲まれるとハリス切れしやすい。ここに掛かっていれば、取り込むことができる確率が高い。

キハダ用とカツオ用の2種類の仕掛けを準備することをおすすめする。キハダ用の仕掛けは、ハリス20〜26号、3〜5m。ハリはヒラマサの15〜16号、または最近各メーカーから発売されているキハダ専用バリもおすすめだ。
カツオの仕掛けはハリス14〜16号、2〜2.5m。ハリはヒラマサ13〜14号。
また、カツオを狙っていてもキハダが食ってくる状況では、ハリス20号がおすすめ。これよりも太いハリスでカツオを狙うと、極端にアタリが減ることもあるので注意しよう。

キハダとカツオでは釣り方が違う!

キハダは走りが止まったら、ポンピングで確実に巻き上げよう。

カツオがヒットしたら、糸の出を最小限に抑えてガンガン巻こう!

カツオとキハダの釣り方で大きく違うのはタナだ。カツオ狙いのときに出る指示ダナは、そのときの状況にもよるが海面下15〜30mと比較的浅い。一方、キハダ狙いのときは、海面下40m以上の場合が多い。
また、カツオの群れにキハダがついているようなときは、「20〜40m」のように幅のあるタナが指示されることがある。この場合、カツオを狙うなら指示ダナの上の方にビシの位置を合わせ、キハダを狙うなら下に合わせるようにするのがセオリーだ。
また、カツオを狙っているとき(動きの速いカツオの群れを追っているとき)は、投入合図が出たら即座に投入することが大事。そしてヒットしたら、ドラグを締め気味にして、糸の出を最小限に抑えて、巻き取るようにする。
キハダ狙いでは、ドラグを緩めにしてアタリを待つ。そしてアタったら、走りが止まるまで糸を出すこと。走りが止まったら、徐々にドラグを締めながら、ポンピングなどして巻き上げる。ここで大事なのが休まないこと。休んでしまうと、キハダが体力を回復して、再度走ってしまうことがあるからだ。
体力に自信のない人は、竿をロッドキーパーに掛けたままのやり取りがおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読