MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チビムロアジエサでカンパチが爆爆爆釣!【八丈島】

チビムロアジエサでカンパチが爆爆爆釣!【八丈島】

伊豆諸島の最南端、八丈島。大物釣りで有名なこの島だが、小型のムロアジ、いわゆるチビムロアジエサでカンパチが絶好調に釣れているのだ。八丈島が激熱だ! 

ポイントは港前! エサを釣ってその場所で泳がせ釣り。チビムロカンパチ爆釣モードを体感

8㎏のホンカンパチ。

これがアベレージサイズだった。

八王子市の小島さんは、チビムロではなく大型のムロアジを付け泳がした。すると、10㎏オーバーのヒレナガカンパチがヒットした。エサの大きさにカンパチの大きさに比例した。

アサギクの荒井聖史さんは良型のヒラマサをキャッチ。ヒットしてから食い上げることもあるので、注意しよう。

八丈島の周りすべてがポイントといっても過言ではないが、特筆すべきは、今回爆釣したポイントが港前だということ。エサのチビムロ釣りとカンパチのポイントがほぼ同じだったのだ。
今年はエサ(ベイト)が港前にたくさん着いている。カンパチたちもそれを追って回遊しているから、エサさえあれば、入れ食い状態。もちろん、食い渋り時もあるが、ヒラマサまじりで魚影の濃さはお墨付き。
水深は80〜100m。高水温時の夏は例年ならば、水深150〜200mの深場を攻めるのが八丈島流。それと比較するとかなり浅いポイントだ。
釣り方は、銭洲や三宅島同様、スタンディングスタイルがおすすめ。
泳がせ釣りのほか、電動リール使用の五目釣りでは、ウメイロ、アオダイ、オナガダイ釣りが楽しめる。
ぜひ、南国八丈島の釣りを体験してみてほしい。

ポイントが浅場か深場かで、タックルを使い分けよう

八丈島周りのムロアジの定番サビキはサバ皮。宿で買えるこのサビキ仕掛けで十分だ。

神湊港前のポイントの水深は80m前後。電動ではなくスタンディングタックルで気軽に楽しめた。

港はすぐ目の前。八丈島周りには、無数のポイントがあるが、今期はココが熱い。

八丈島周りのカンパチのポイントは無数にあるが、黒潮が流れるため、海水温は高い。
一般的には高水温下では、南方系のカンパチは水深150m以上の深場にいることが多い。この島の魚も例外ではなく、水深200mを攻めることはザラだ。
以前は、ウインチファイトが主流だった八丈島も軽量なタックルで楽しめるスタンディングファイトができるようになった。そのため、深場でもスタンディングタックルで狙うことができる。
竿は深場も浅場も専用スタンディングロッド1本でOK。
水深200m攻めには、PE8〜10号を最低でも300mは収納できるハイギアタイプの両軸リールを使用する。
深場のやり取りに自信がない人はハイパワーの電動リールを使用しよう。相模湾のキハダで使う大型電動リールが適合する。
さて、今回の取材のように、カンパチのポイントが水深100m以浅の場合、銭洲や神津島、相模湾のキハダタックルをそのまま使うことが可能だ。
このように、泳がせで島周りを狙う場合、深場用、浅場用の2タックル。もっと詳しくいえば、深場用のラインキャパシティーのあるリールと浅場用のリールを2機種用意すればいい。

エサはムロアジ。五目竿でサバ皮サビキで釣ろう! 

怒濤の入れ食いタイム到来! 豪快抜き上げ! 速攻再投入!!

ムロアジを釣る場所でカンパチも狙う。

泳がせ釣りのエサはムロアジだ。
このムロアジは、ムロアジを専門に採る漁師がいるほど魚影が濃い。だが、それだけにプレッシャーがかかっていることも間違いない。エサ釣りをなめてはいけない。真剣に釣ることが大事だ。
タックルは五目用でいい。ビシは100号を使い、サバ皮サビキをクッションゴムを介して接続し、サビキの先に30号のオモリを付けるのが、ここのスタイルだ。
釣り方は簡単。船長がアナウンスした指示ダナ付近でアミコマセをまいてアタリを待つだけ。魚の活性があがったら、どんどんとタナを浅くしていくのがコツだ。
難しいのは、魚の取り込み。スムーズに海面から魚を抜き上げるのがキモだが、ムロアジの活性が低いときは、ハリ掛かりが悪いためか、この抜き上げ時に魚がよくバレてしまう。そんなときは1匹ずつでもタモですくうようにする。
逆に魚の活性が高いときは、不思議とハリ外れは少ない。手返しよく取り込み、ハリ外しを使いイケスのなかへ魚を入れる。半日釣りなら最低でも一人10匹、一日なら20匹あれば十分だろう。
さて、本命カンパチの釣り方だが、基本的には、銭洲や神津島、三宅島の釣り方と変わらない。
ボトム付近を最低でも底から10mの間はエサを常に動かして誘うようにしよう。置き竿にしてタナでアタリを待つ釣りは、流行ではない。
たいていの場合、オモリの着底と同時にアタリが出てヒットする。そうでなければ、そのエサでヒット確率は少ない、と思っていてもよい。
さらに、生きエサは一投入一匹が基本。元気のよいエサほど、よく泳ぐのでカンパチに高アピールする。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読