MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きイワシをエサに超高級魚のマハタを1本バリ仕掛けで狙う!

生きイワシをエサに超高級魚のマハタを1本バリ仕掛けで狙う!

ほぼ周年マハタ乗合を出しているのが勝浦松部港の「信照丸」。多くの根が点在する勝浦沖は魚影の濃さでは関東有数のポイントだ。釣れるマハタは1㎏~3㎏が多く、かつては5.8㎏の良型の実績もある。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

1kg級1匹でも十分満足だが、3kg級まじりでトップ6匹も!

やり取りは、糸を出さずに根に潜られないよう

高級根魚マハタが狙って釣れる。勝浦沖のマハタ五目がおもしろい

サイズは1~3㎏クラス主体。さらに大型が食ってくることも

2月には好調続きで、トップ6匹の日も

まじりはヒラメ。こちらも高級魚だからウレシイ

良型ヒラメゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、勝浦松部港「信照丸」。

マハタ釣りは、生きイワシをエサに、孫バリ無しの1本バリ仕掛けで狙う。タナは底から2~4m、こまめなタナの取り直しが誘いにもなる。食い込みはヒラメに比べ早く、釣り自体は難しくない。

マハタのアタリは明確だ。ハリ掛かりの後は強烈な引きで根に潜ろうとするので、ドラグは締めて糸を出さず、竿の弾力で引きをかわす。底から離してしまえばほぼ安心だ。

2月は好調続きで、3㎏級まじりでトップ6匹の日もあったが、本来は顔を見られれば満足すべき魚でもある。数少ないアタリをものにするためにも、仕掛けのチェックや丁寧なエサ付けは怠らないようにしよう。取材日は潮の動き悪く条件はいまいち、それでも2㎏を頭に船中6匹のマハタが上がり、良型と思われるバラシもあった。

吉野勉船長、達哉船長と2人体制でアシストしてくれるので、初めての人でも臆せずに高級魚を狙って欲しい。適度に脂の乗った白身は抜群の美味、1㎏サイズでも1匹釣れば十分にマハタ料理が楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2016年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル