MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きイワシをエサに超高級魚のマハタを1本バリ仕掛けで狙う!

生きイワシをエサに超高級魚のマハタを1本バリ仕掛けで狙う!

ほぼ周年マハタ乗合を出しているのが勝浦松部港の「信照丸」。多くの根が点在する勝浦沖は魚影の濃さでは関東有数のポイントだ。釣れるマハタは1㎏~3㎏が多く、かつては5.8㎏の良型の実績もある。

perm_media 《画像ギャラリー》生きイワシをエサに超高級魚のマハタを1本バリ仕掛けで狙う!の画像をチェック! navigate_next

1kg級1匹でも十分満足だが、3kg級まじりでトップ6匹も!

やり取りは、糸を出さずに根に潜られないよう

高級根魚マハタが狙って釣れる。勝浦沖のマハタ五目がおもしろい

サイズは1~3㎏クラス主体。さらに大型が食ってくることも

2月には好調続きで、トップ6匹の日も

まじりはヒラメ。こちらも高級魚だからウレシイ

良型ヒラメゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、勝浦松部港「信照丸」。

マハタ釣りは、生きイワシをエサに、孫バリ無しの1本バリ仕掛けで狙う。タナは底から2~4m、こまめなタナの取り直しが誘いにもなる。食い込みはヒラメに比べ早く、釣り自体は難しくない。

マハタのアタリは明確だ。ハリ掛かりの後は強烈な引きで根に潜ろうとするので、ドラグは締めて糸を出さず、竿の弾力で引きをかわす。底から離してしまえばほぼ安心だ。

2月は好調続きで、3㎏級まじりでトップ6匹の日もあったが、本来は顔を見られれば満足すべき魚でもある。数少ないアタリをものにするためにも、仕掛けのチェックや丁寧なエサ付けは怠らないようにしよう。取材日は潮の動き悪く条件はいまいち、それでも2㎏を頭に船中6匹のマハタが上がり、良型と思われるバラシもあった。

吉野勉船長、達哉船長と2人体制でアシストしてくれるので、初めての人でも臆せずに高級魚を狙って欲しい。適度に脂の乗った白身は抜群の美味、1㎏サイズでも1匹釣れば十分にマハタ料理が楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2016年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル